御朱印集めをされている方にとっては今や「御朱印帳」は必需品。



神社やお寺に参拝していると、身が清められているような気にもなります。

そして御朱印をいただきながら参拝の証を集めていると特別な満足感が生まれます。

神社やお寺の御由緒などを理解すればさらに興味が深まり神社やお寺巡りの楽しみが一層高まりますね。。

今回は御朱印帳について数々の謎を解明し、正しい使い方をマスターしたいと思います。

ぜひお役立てください。





御朱印帳の使い方|そもそも御朱印とは?

メディアでも多く取り上げられ、いつの間にか御朱印集めにはまってしまった方も多いのでは?

実は御朱印とは今とは違った形でしたら古くからあるお寺や神社の風習でした。

そのため、いくつかのお作法も覚えておくと何かと役立ちます。

日本の歴史を背景に御朱印への理解を深めましょう。




御朱印帳の使い方|どこページから始めるかわからない場合

謎が多い御朱印帳の使い方。

蛇腹式の御朱印帳は見た目も不思議で使い方もよくわかりません。

どう使ったら正しいのか検証してみましょう。

初めて御朱印帳を使って御朱印をいただく場合の疑問を解決します。




御朱印帳の使い方|蛇腹式の裏面は使う?

蛇腹式の御朱印帳のページの紙はほとんどが二重になっています。

そのため、実は表側だけではなく裏側にも御朱印をいただくことは可能です。

といっても、考え方は様々で、裏面を使うメリット(利点)やデメリット(欠点)もあります。

口コミからいろいろな意見を聞き、どうしたらよいのか考えてみましょう。




御朱印帳の使い方|表紙と名前を書く場合の注意点

市販の御朱印帳を購入した場合(まれに神社でいただく御朱印帳)には、表紙に白いシール(短冊)が貼ってあり空欄になっています。

この場所に自分で「御朱印帳」と書いていいのか、神社やお寺の書き手さんに頼むのか疑問に思います。

また、御朱印しょうが紛失しないように名前を書くことをおすすめします。

その場合、名前を書く場所や書き方などをご説明します。




御朱印帳の使い方|使い終わった後の扱い方や保管方法

御朱印帳が最後まで終わると、大きな達成感を得ることができますね。

ですが、最後のページが一体どこなのか疑問に思う方も多くいらっしゃいます。

そして、最後のページまで御朱印が埋まった後、御朱印帳をどうしたらよいのか、また、何冊もたまった場合にどうやって保管すればよいのか、おすすめの方法をご説明します。




スポンサーリンク