幕末の偉人で、教育学者の吉田松陰さんが眠る神社「松陰神社」東京世田谷にあります。

吉田松陰さんと言えば幕末に彼の影響を深く受けた弟子たちがその後の日本を大きく動かしたことでも有名ですよね。

門下生の高杉晋作伊藤博文らが松陰の墓をこの地に移し神社を建てたそうですよ。



また、偉大な「先生」である吉田松陰さんのゆかりの神社ということで合格祈願で訪れる受験生も大変多いのだとか。

最近では、お正月月命日に限定でいただける特別な御朱印が歴史ファンの間でかなりの人気なんだそうですよ。

今回は、気になる限定の御朱印をはじめ、松陰神社へのアクセス方法(最寄り駅・神社までの歩き方など)についてもまとめていきましょう!

御朱印についての記事も書いています。
よろしければどうぞ。




松陰神社の御朱印の受付時間と注意点




こちらの御朱印が松陰神社でいただけます。

初穂料は500円です(相場よりも高め?)。

社務所にていただけますのでお参りを済ませた後にいだだきに行きましょう。

こんな書籍を見つけました!

なんでも幕末にゆかりのある御朱印が載せてあるそうですよ。
(坂本龍馬や新選組ゆかりの御朱印などなど・・・マニアックで面白そうですね!)



もちろん、松陰神社も掲載されていますよ。

幕末ファンは次の神社選びに役立ちそうですね!

御朱印の受付時間は?

さて、受付時間についてです。

御朱印がいただける時間:
9:00〜17:00

神社に参拝できる時間:
7:00〜〜17:00

御朱印がいただけない日にご注意!

社務所には誰もいない日があるそうなのでご注意を。

事前に松陰神社の公式サイトで確認できるそうです。

御朱印をお求めの方は、公式サイトで確認するか、お問い合わせをする方がいいかもしれませんね。

松陰神社の「月命日限定」御朱印と注意点



限定版の御朱印には、御朱印の片隅に松陰先生をかたどったシルエットが入っています。

「このシルエットどこかで見たことがある!」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歴史好きならシルエットを見るだけで吉田松陰先生だと気付くでしょう。

月命日の日を確認しましょう

上の写真は、月命日限定でいただける御朱印です。

通常の日はいただけないものですので注意してくださいね。

月命日:
毎月27日

ほか、4月27日10月27日(吉田松陰命日)は特別限定の「例大祭御朱印」もいただけるそうですよ!

どんなものなのかファンは必見ですね!

お正月限定の御朱印はお早めに!

ほかに、お正月にも特別限定の御朱印がいただけるそうです。

お正月の御朱印は、元旦から1月7日までいただけるそうですよ。(2018年調べ)

ただし、無くなり次第終了との事ですので、早めにゲットしたほうがいいかも。

松陰神社へのアクセス方法

所在地:
〒154-0023 東京都世田谷区若林4-35-1
TEL.03-3421-4834



■電車の場合

最寄り駅:
東急世田谷線「松陰神社前駅」

松陰神社通り商店街を北へ。

徒歩約3分



■車の場合

環状七号線と世田谷通りの交差点から車で約5分

駐車場:
20台(有料となります。)

駐車料金:
最初の20分無料
以後 30分ごと200円
17時~7時1泊500円

駐車場営業時間:
7時~17時

松陰神社の御朱印についてまとめ

お役に立てる情報をお届けできたでしょうか。

東京の松陰神社は「神社百景」にも選ばれるとても美しい神社でもあります。



境内の雰囲気はとても素敵で魅力的な神社ですよ。

そしてなんといっても松陰神社は吉田松陰ゆかりの神社で、幕末マニアには超有名な神社でもあります。

受験シーズンになると、合格祈願をする受験生もたくさん訪れます。

御朱印をお求めの方は、事前に御朱印受付の時間の確認をしておきましょう。

また、当日社務所に人がいない日とならないよう公式サイトでチェックも忘れずに。

特に、松陰先生のシルエットの印がはいったものなどの「限定」御朱印は、いつでもいただけるわけではないのでご注意くださいね。

月命日の日やお正月など「もらえる日が限定されている」のでくれぐれも注意しましょう!

それでは最後までお読みくださいましてありがとうございました。


Sponsored Link