東国三社(とうごくさんしゃ)といえば、関東地方にある鹿島神宮(かしまじんぐう)・香取神宮(かとりじんぐう)・息栖神社(いきすじんじゃ)の総称です。

それぞれパワー・スポットとしても有名で、この3社を巡る「東国三社参り」(東国三社めぐり)をすると最強の運が巡ってくるという噂です。

また、不思議なことにこの東国三社のそれぞれのパワースポットを線で結ぶと綺麗な直角二等辺三角形ができるんだとか。

まさに最強パワー・スポットと噂の東国三国参りについてのアクセス方法や、参拝にお出かけする前に知っておきたい情報(お参りの順番や回り方、ご利益、東国三社守、御朱印など)をまとめます。


ぜひお役立てください。



Sponsored Link



東国三社参り(東国三社めぐり)が最強な理由。

COiLさん(@coilock25)がシェアした投稿



香取神宮(千葉県香取市)・鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)・息栖神社(茨城県神栖市)の茨城県と千葉県にまたがる三つの神社を巡ることを「東国三社参り」「東国三社めぐり」と言います。

この三社を巡る「東国三社参り」は、江戸時代に「お伊勢まいりの禊の三社参り」として関東以北の人が伊勢神宮の参拝を終えた後、帰る途中で東国三社を参拝するという風習から生まれたそうです。

今では、伊勢神宮に一度参拝したのと、同じ御利益を頂けると参拝する人が多くいるようですね。

明治以前に「神宮」の称号を与えられていたのは「伊勢神宮」と「鹿島神宮」「香取神宮」だけだったことから、歴史も古く格式の高い神社であることは間違いありません。

東国三社の不思議なトライアングル

@hit_ramoneがシェアした投稿



そしてこの三社の場所を線でつなぐと三角形になるという不思議なトライアングルは何か宇宙的なパワーを感じてしまうのは私だけでしょうか。

地図が見にくい場合は拡大縮小してご覧ください。



東国三社とは?

この東国三社について少しご説明しましょう。

鹿島神宮(かしまじんぐう)

Hanahachiさん(@hanahachi)がシェアした投稿



鹿島神宮は、関東・東北に約600社ある鹿島神宮の総本山

かつての常陸国(ひたちのくに)でもっとも格式が高いとされた一宮にあたります。

一宮専用の御朱印帳で御朱印を集めていらっしゃる方にはぜひおすすめしたいスポットですね!

そして、こちらは勝利の神様として有名です。

仕事や人生における開運の御利益があり、何かを始めようとする時にピッタリですね。

やる気・気力・体力などパワーを授かる神社として「勝運」がつくということで、スポーツ選手の参拝も多いのだとか。

「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」という長大な直刀が国宝に指定されていたり、

絵馬の形が刀がモチーフになっていることも話題です。

鹿を神の使いとすることで、境内には鹿が飼われています。

ほか、「鹿島神宮の7不思議」もあり、パワーを感じるスポットがたくさんありますよ。



香取神社(かとりじんぐう)

MAHOさん(@i_mahogrm01)がシェアした投稿



香取神宮は千葉県北部の下総国の一宮で、全国約400社の香取神社の総本社。

創建は神武天皇の御代18年と伝えられ、旧国地域で最も格式の高い神社です。

日本書紀にも登場する武術の神様「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」を祀り、勝運・交通・災難除けなどにご利益があります。

必勝祈願や合格祈願などを願い、多くの人が参拝されています。

鹿島神宮と関東の東を護る、地域全体の守護神として、霞ヶ浦・北浦・利根川の水がパワーの源泉になっており、千葉県最強の霊力を持っていると言われています。

桜の名所としても有名で、楼門前にある黄門桜は徳川光圀の手植えと伝えられています。

また、本殿・中殿・拝殿の権現造の社殿の美しさや四季折々の風情も楽しめ、見どころいっぱいのパワー・スポットです。



息栖神社(いきすじんじゃ)

☆viper☆さん(@viper_sa_n)がシェアした投稿



鹿島神宮の摂社ですが厄除けや招福の神体を主体としています。

東国三社のうち他の二社に比べて静かで趣がある印象があります。

鹿島神宮と香取神宮に祭られる二神が武神や神剣であるのに対して息栖神社は、武神の乗り物であった「天鳥舟」の神が祭られています。

また、鳥居は海の方向へ向いており、航海・交通の神様として有名です。

その鳥居の下からは、泉が湧きだしています。

伊勢の明星井、伏見の直井とともに日本三霊水に数えられている湧き水です。

この井戸は、汽水の中に湧き出す非常に珍しいものだそうで、 「忍潮井(忍塩井)=おしおい」と呼ばれています。

また、泉の水が湧き出ている場所には瓶があり、その瓶は、水の澄んだ日にしか姿を現さず、その姿が見られると幸運が舞い込んでくるんだとか。




東国三社の最強パワーはご祭神に深い関係が

東国三社のご祭神について調べるととてもおもしろいことがわかります。

鹿島神宮の主祭神はタケミカヅチ(武甕槌/建御雷)

一方香取神宮の主祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と言われています。

神話から調べると、

この2神は天照大神(アマテラスオオミカミ)の命によりタッグを組み、大国主命(オオクニヌシノミコト)に国を譲ってもらえるよう交渉をし日本を平定していったのだとか。

そして、その2神を平定に導くため先導し全国を案内したのが、息栖神社のご神祭である久那戸神 (くなどのかみ、岐神)と天鳥船命 (あめのとりふねのみこと) であったそうです。

鹿島神宮の「御船祭」では「息栖神社」が「先導船」を務めることからも神話の信憑性が伺えます。

「御船祭」は、12年に一度のお祭りです。

鹿島神宮の御祭神である武甕槌大神が約3,000人の大行列・約120艘の大船団と共に航海に出て、香取神宮の御祭神である経津主大神と水上で出会うというものです。



さすが12年に一度のお祭りと会ってスゴイ迫力ですね。

次は2026年です。

東国三社参り(東国三社めぐり)の順番は?

実は回る順番に決まりはありません

ただし、鹿島神宮は、何かを始める場合に幸運もたらすご利益があると言われていることから、スタートは鹿島神宮がおすすめです。

歌手の相川七瀬さんが日本の聖地を旅する本です。

相川さんも著書の中で東国三社巡り・鹿島から旅をスタートさせています。



「東国三社守り」や御朱印もおすすめ

また、東国三社守というお守りを忘れてはいけません。

お守りの三角形の面のそれぞれに三社のシールを1つずつ埋める仕組みです。

三社のどこでも購入できるそうですよ。



このお守りは「イチイ」という木から作られていて、「東国一位」を意味するのだとか。

これは相当のご利益が期待できそう・・・?

このお守りは見逃せんね!

また、東国三社巡りに興味がある方なら「御朱印」を集めている方も多いかと思います。

せっかくですから御朱印をいただくのも良いかもしれません。



ただし、御朱印をいただく場合のお願いの仕方やお参りの方法など、神様に失礼がないようにお作法も知識として持っておいた方がよさそうです。



という記事もまとめていますのでどうぞ。



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたのお役に立てる情報はお届けできたでしょうか。

三社の歴史を語るとキリがありませんが、今回は、東国三社参りに行かれるご予定の方向けに必要な情報をまとめました。

東国三社参りを回る順番は特に決まられていません。

ただ、物事を始めようというときですから、「意を決したものが行くべきパワースポット」と言われる鹿島神宮が望ましいでしょう。

そして鹿島神宮と香取神宮は県は違いますが、利根川を挟んで割と近い距離にあります。

車で移動できる方は、一日で3社を回ることは可能です。

せっかく3社巡るのであれば、東国三社守もぜひゲットしておきましょう!!

お参りの記念になることはもちろん、三社のシールを集めるとパワーが宿りそうなお守りは魅力的です。

ぜひ関東市のパワー・スポット巡りで最強パワー、幸運を引き寄せましょう!

最後までお読みくださいましてありがとうございました。



Sponsored Link