花火大会が楽しみな季節になってきました!

夜空に輝く大輪の花火をスマートフォンで撮ってSNSに投稿する人も毎年多いですよね。

そしてインスタ映えだかフォトジェニックだかわかりませんが、とにかく近年はスマホの撮影技術のレベルがめちゃ高いっ!

これは偶然に撮れた奇跡の写真ではなく、みなさんきれいに花火の写真を撮るためのノウハウコツをしっかり知っているんです!

それでは、簡単にできるスマホの撮影方法のコツや秘密を順を追ってあなたにも教えちゃいましょう!



Sponsored Link



花火をスマホできれいに撮る方法【設定編】



まず、花火をきれいに撮影したいなら、下記の注意点は必ず守りましょう!

順を追って説明していきますからひとつひとつチェックしていってくださいね。

その前に必ずしておくこと

まず最初に最低限して置かなければならないことです。

充電を100%にしておきましょう!

花火大会ともなるとビッグイベントです。

きっとたくさん写真を残すでしょう。

充電がすぐに無くなりますから、しっかりお家でフル充電しておきましょう!

携帯充電器を持って行くとなお安心です(^^)

こういうものです。
持ち歩くにはワイヤレス充電器がおすすめですね。



空き容量は大丈夫?

最近のスマホのカメラは性能も高く、画素数も多いですよね。

容量が必要となりますからお出かけの前に調べておきましょう!

スマホ設定のポイント

順番に設定をしていきます。

HDRモード→OFFにしよう

「HDRモード」は不要です。

動きのある花火撮影には不向きなのでOFFにしましょう。

フラッシュ→OFFにしよう

暗くてもフラッシュはOFFに。

フラッシュの光は2~4mくらいしか効果がありません。

花火の撮影には全く必要ないので、フラッシュはOFFか発光禁止モードに設定しておきましょう。

「自動ロック」を解除もしくは時間変更

スマホは基本設定では一定の時間が経つとスタンバイ状態になってしまいます。

花火を撮ろうとした時にスタンバイになっちゃったら、焦ってブレる手がさらにブレちゃいます。

面倒くさくても自動ロックを解除か、もしくはスタンバイの時間を変更しておきましょう。

ここまでがお出かけ前にしておくとよい設定のチェックです。

ピントを固定する (AE/AFをロックに設定)

ピントを固定するために、AE/AF(オートフォーカス) をロックしましょう。

スマホでは、タップすることにより、露出とフォーカスを自動調節します。

実際の花火で一旦露出とフォーカスを合わせておき、調節できてから撮影をしましょう。

花火をスマホできれいに撮る方法【準備編】

ここではあると絶対使える必須アイテムをご紹介します。

「手ブレ」を克服すればきれいに撮れる!

うまく写真が取れない理由の殆どは「手ブレ」によるものです。

これを克服すればきれいに写真が撮れますよ。

ぐらつく片手でスマホを持ち、もう一つの手でスマホのシャッターを押す・・・

シャッターを押すだけでもうスマホはグラグラしています。

手ブレしない訳がありませんよね~(汗)

そんなあなたに必須アイテムをご紹介します。

これがあればほぼ間違いなく失敗はないでしょう!

リモコンシャッターとスマホ用の三脚を準備

手ブレしない必須アイテムといえば、リモコンシャッターと三脚です。

三脚でスマホを固定してしまえば、手に持ったときのように画像がブレることはありません。

また、自分でシャッターを押すよりもリモコンで遠隔操作ができたほうが断然やりやすく、ブレる心配がほぼなくなります。

ただし・・・

彼女や彼氏と花火を見に行って三脚を持ち歩くのはちょっと・・・と思うあなたのためにいい商品をご紹介します。

リモコンシャッターとスマホ用の三脚のおすすめは?

最近こういったタイプの三脚が発売されています。

足がワイヤーでできていて、ぐにゃぐにゃ自由に動かせるので、地面に置かなくてもいろいろなところに固定できちゃうんですよ。





こちらは魚眼レンズなどが3点も付いたセットです。

多機能なものがお好みの方におすすめ。





こちらもおすすめです。

コンパクトで可愛いビジュアルも重要視する方へおススメです。

スマホ用のグッズは100均でも売っています♪ 便利なものがあればうれしいですね!!

花火をスマホできれいに撮る方法とは?

Tatsuya Kurisuさん(@criss1016)がシェアした投稿




さて、本題に入りますよ。

花火会場に着いてからのポイントと手順です。

花火がきれいに見える場所を決める

立ち見もいいですが、花火を撮影するなら座って観覧できる場所があったほうがいいですね。

そして、高い建物や電線が目線に入らない場所を選びましょう。

撮影のタイミングは「開始すぐ」

@ca.m.0828がシェアした投稿



ピンとくると思いますが、花火は煙が出ます。

最初のうちはそんなに気になりませんが、夜の空に白くと煙が残り、せっかくの花火が見えにくくなります。

風の影響を受けたりもするので、なるべく早めに打ち上がる花火をきれいに撮影しましょう!

これ重要ですよ!

ズーム→NGです

ズームもNGです。

デジタルカメラの場合は「光学ズーム」ですが、スマホはデジタルズームですので、

画質が一気に悪くなり失敗の原因となります。

連写モードもいいかも

とにかくたくさん撮ればいい写真がその中にある確率が高くなります。

連写モードにしてもいいですね。

打ち上げ開始からすぐのタイミングを忘れずに!

花火をきれいに撮るスマホアプリもなかなか♪

人気のアプリをご紹介しましょう!

イチオシは「夜撮カメラ」です。

ダウンロードはこちらから
・iPhone版
・Andoroid版(Google Play)

暗い場所での撮影で使える優秀アプリです。

クリスマスのイルミネーションなども得意分野ですよ。

どういうイメージかというと、




花火以外だと・・・



いいと思いませんか?

これで三脚とシャッターがあれば言うことないですね!

驚き!超簡単スマホ撮影!究極の方法とは?

手ブレを克服することが最大の難点でしたが、三脚がなくても気合できれいに撮影できる方法があります。

とにかく自力でスマホを固定すればいいんです。

それはズバリ「三角座り」(体育座り)をすることです。

三角座りをしてひじを膝に乗せます。

(スマホいじりでよくある態勢です。)

スマホの両脇をしっかり持ちます。

脇を締めて、体の軸を意識する。

これである程度の固定は実現します。

立っているときは、壁や木などに寄りかかってブレを防止するのもいいですよ。



Sponsored Link



まとめ

お役に立つ情報はお届けできたでしょうか。

年に一度のビッグイベントの花火大会ではいい思い出を作りたいですよね!!

素敵な花火の写真を撮ってみんなに自慢しちゃいませんか?

事前の準備を整えて、簡単なアイテムも揃えていればもうバッチリです。

誰よりも早くSNSに投稿しちゃいましょう♪

準備していなくても、究極の方法を知っていれば何とかなるかもしれませんね。

欲がある方はアプリを研究してもいいですね。

きれいに撮れるとテンションも上がります。

プロの写真家やアーティスト並の奇跡の写真が撮れますようお祈りします!!

最後までお読みくださいましてありがとうございました。



Sponsored Link