2020年東京五輪・パラリンピック調整会議が7月12日、午前、都内で行われました。

東京五輪聖火リレーの出発地点や開始日などがついに決定しましたね。

いよいよ2020年、121日間という長いリレー期間が始まります。

今回は、気になる東京オリンピックの聖火リレーについて、全国聖火リレーのルートをはじめ、各地の日程やコース、聖火ランナーの第一走者や最終走者についても調べたいと思います。



Sponsored Link



東京オリンピック聖火リレー2020日程やルートは?

岩淵真一さん(@vegashinbuchi)がシェアした投稿



さて、聖火リレー2020の日程からご説明します。

聖火リレーの日程

2020年3月26日~7月24日
(開会式当日まで)

聖火リレーの日程とルートコース

3月26日に福島県をスタート。

スタート地点の候補は、東日本大震災の被災地と、1964年東京大会と同じ沖縄の2案があったようです。

最終的に「復興五輪のメッセージを強く押し出すべきだ」との意見が強まり、原発事故のあった福島出発が決定しました。

聖火リレーの日程は?

聖火リレーのカレンダーです。



すべての都道府県をまわる121日間のリレー

福島から南下し、沖縄をめぐって北海道まで一気に北上し、東北をめぐり東京へ到着、というルートです。

あなたの町に聖火が来るのがいつなのかチェックできましたか?

各地の盛り上がりの様子が目に浮かびますね!

7月10日に東京都に入るようです。

東京都では15日間で島を含む全区市町村を回ります。

東京以外で割り当てられた日数は複数の競技会場がある千葉、埼玉、神奈川、静岡が3日。

岩手、宮城、福島は3日で、残り39道府県は2日。

福島から南下することで、東日本大震災の被災3県のうち宮城、岩手の2県と福島の日程は異なるとのことです。

かなりハードな聖火リレーの日程ですね。

ランナーのプレッシャーは相当なものとなりそうです。

東京オリンピック聖火リレー2020聖火台はどこに設置?

まだ公式に発表はされていません。

通常ならメイン会場に聖火台を作るものですが、どうやら東京五輪のメイン会場「新東京国立競技場」が木造建築の為、聖火台を別の場所に作る可能性が高いです。

現在有力候補はお台場とのこと。

石井夕乃さん(@xinaishijing)がシェアした投稿



海浜公園などが候補に上がっています。

東京五輪2020聖火リレー第一走者と最終ランナーは誰?

さらに聖火ランナーが誰なのかとても気になりますね。

ですが、現在、東京五輪の聖火ランナーについてはまだ明らかにされていません。

ピョンチャン冬季五輪の時は、アイススケートフィギア女子のキムヨナがギリシャから聖火を韓国に運び、最終走者(点灯者)となりました。

・・・とすると、単純にかつてのライバルにして国民的アイドル浅田真央さんが頭に浮かびます。

やっぱり羽生結弦選手が適任?

そうなるとやっぱり羽生結弦選手も外せませんね。



しかしながら羽生選手は現役選手です。

通常なら現役選手は重要なポジションのランナーには選ばれません。

ですが、この聖火リレーのテーマ「復興」ですから話は別ですね。

復興のシンボル的「羽生選手」を出さないという選択肢は考えにくいでしょう。

つまり、羽生選手に第一走者も最終ランナーのどちらかの役割を担ってもらった方が納得感があります。

彼は冬のスポーツの選手ですから「あり」とも言えますね。

羽生選手以外の候補ですが、

スポーツ選手で「国民栄誉賞」を受賞した選手が間違いなく登場しそうです。

歴代のスポーツ選手を挙げてみると・・・

国民栄誉賞受賞の引退した選手が候補なら?

松井秀喜
日本人メジャーリーガー

長嶋茂雄
プロ野球
巨人

野田佳彦
五輪レスリング

高橋尚子
女子マラソン

山下泰裕
柔道

国民栄誉賞受賞の現役選手なら?

FIFA女子ワールドカップ
ドイツ2011日本女子
代表チーム

吉田沙保里
レスリング

伊調馨
レスリング

そのほか理想的な人物は?

高梨沙羅
スキージャンプ

松山英樹
ゴルフ

北島康介
水泳

野村忠宏
柔道

内村航平
体操

イチロー
野球

大谷翔平
野球

三浦知良
サッカー

カーリング日本代表

などなど・・・挙げると尽きませんね。

華があり国民みんながワー!となる人物

記憶に新しいオリンピックと言えば「平昌オリンピック」ですが、

最終滑走者、聖火点灯の役割を果たした女子フィギュアスケート「キム・ヨナ」選手がいい例でしょう。



華があり容姿端麗、選手としての実績も申し分なく、世界的に知名度の高い人物です。

あなたは誰を思い浮かべますか?

(こちらについては、決定し次第更新予定です。)



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本国民がみな楽しみにしている東京オリンピックの聖火リレーが、2020年3月26日に始まります。

聖火リレーの映像を見ると「いよいよだ!」と思いますね!

スタート地点は福島となります。

そこから南下し北へ向かい北海道をまわって東京に聖火が届きます。

聖火台は現在お台場が検討されています。

第一走者は誰になるのかですが、おそらく引退したオリンピックメダリストの可能性が強いのではないでしょうか。

もしくはパラリンピックの金メダリストも外せませんね。

最終ランナーについても同クラスの人物が選出されると予想されます。

オリンピックの選手や競技にも今後注目したいですね!

次の更新をお楽しみに・・・

最後までお読みいただきましてありがとうございます。



Sponsored Link