迎賓館赤坂離宮は、外国の国家元首や政府のトップや要人、王族など国の賓客を迎える時に、宿泊・晩餐会・お食事会などの接遇・おもてなしを行う国の施設です。

2016年4月から、東京都港区元赤坂の迎賓館赤坂離宮で、建物の内部や庭などを見学できる一般公開が行われているのをご存知ですか?

国外からの来賓の方々を迎えるスケージュールを考慮しながら通年で迎賓館の見学が行われています。

あの素晴らしい外観の迎賓館の中へ入れるなんてかなりの期待が膨らみます。

そんな迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行く方のために、予約や当日券の有無、電車や車でのアクセス方法、駐車場の有無などをまとめていきます。



Sponsored Link



迎賓館赤坂離宮一般公開 迎賓館について基礎知識

Hiroko Okawaさん(@hiro_okawa)がシェアした投稿



迎賓館赤坂離宮は、明治42年に東宮御所として建設されました。

あの美しい外観の建築様式は、日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物。

当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物だったそうで、明治期の本格的な近代洋風建築の完成を示したようです。

第2次世界大戦の後、日本が国際社会へ復帰して外国からの賓客を迎えることが多くなってきた時、国の迎賓施設として大規模な改修をしたそうです。

10数年をかけて改修を施し、和風別館の新設と合わせて昭和49年に現在の迎賓館として始まりました。

その後、さらに平成21年に行われた大規模改修工事の後には、日本の建築を代表するものの一つして、「国宝」に指定されています。

詳しくは書籍も出版されているので深く知りたい方にお勧めです。



これまで多くの国王、大統領、首相などをお迎えした場所でもあり、主要国首脳会議などの国際会議の場としても現在使用中です。

迎賓館赤坂離宮一般公開の見学可能な場所は?

假谷富士子さん(@kari_fuji)がシェアした投稿



やっぱり世界の要人が出入りする場所ですから、見学の制限はあるのは当然ですね。

すべて見学はできない事を覚えておきましょう。

とはいえ、広大な敷地に建つ国宝の迎賓館ですから、一部見学だとしても満足度はかなり高いでしょう。

迎賓館赤坂離宮で見学が可能なのは、以下の3つの施設のみです。

(建物内部の写真撮影は禁止されています。)

(1)前庭
(2)本館および主庭
(3)和風別館

見学する施設によって、申込方法、参観料金などが異なります。

迎賓館赤坂離宮一般公開の申し込み方法と参観料金は?

夢子さん(@yumeko1202)がシェアした投稿



以下に見学可能な施設の申し込み方法や参観料金のほか、事前もしくは当日申し込み(当日券など)についてまとめます。

ご参考にどうぞ。

(1)前庭の見学申し込みと料金

@oyasumihoがシェアした投稿



迎賓館の西門から入場します。

迎賓館赤坂離宮・本館の外観のをすることができます。

本館建物内の見学はできないのでご注意を!

前庭には、ベンチ・休憩所なども設置されていて、くつろぐことができるんです。

カフェカーが出店することもあるので、優雅な気分に浸ることができますね!

公開時間:
10:00~17:00
(入場受付は16:30まで)

入場門:
迎賓館赤坂離宮 西門
(学習院初等科側の門)

前庭の見学の申し込み

入場方法:
入場見学自由
当日受付で参観可能

事前申込不要です!

前庭の見学の参観料金

参観料金:
一般300円
大学生以下無料

(2)「本館及び主庭」の見学申し込みと料金



迎賓館の西門から入場します。

公式行事に使用される迎賓館赤坂離宮本館の3つの公用室(彩鸞の間、花鳥の間、羽衣の間)と

1階玄関ホール、中央階段、2階大ホール、建物の南側の主庭が見学可能です。

公開時間:
10:00~17:00
(入場受付は16:00まで)

入場門:
迎賓館赤坂離宮 西門
(学習院初等科側の門)

「本館及び主庭」の見学の申し込み方法

事前予約と当日先着順受付の併用となります。

(1)
事前申込みのうえ『参観証(Eメール)』を持参した方

(2)
当日受付で参観可能。
混雑状況により、整理券の配付が行われる場合があります。

「本館及び主庭」の見学の参観料金

参観料金:
大人1,000円
中高生500円
小学生以下無料
団体 大人800円
中高生400円
小学生以下無料

(3) 和風別館(游心亭)の見学申し込みと料金

Aya Iwataさん(@ayaiwata0610)がシェアした投稿



事前申込制のガイドツアー形式。

迎賓館の西門から入場して、ガイドツアー形式で和風別館(游心亭)を見学します。

見学する場所は、主和室、即席料理室、茶室、和風庭園など。

和風別館入館の時間はあらかじめ指定ですが、その前後の時間に、迎賓館赤坂離宮本館にも入館でき、

3つの公用室と建物南側の主庭を見学することもできます。

※中学生は20歳以上の大人の同伴が必要です。

実施形式:
ガイドツアー形式での案内で1日10回開催。

ツアー実施時間:
10:30、11:00、11:30、12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00

所要時間:
約45分

定員:
各時間帯ごとに約20名

入場門:
迎賓館赤坂離宮 西門
(学習院初等科側の門)

対象:中学生以上 
※15時のツアーは英語ガイドツアーとなっています。

和風別館(游心亭)の見学の申し込み方法

インターネット応募による事前の申し込みが必要

和風別館(游心亭)の見学の参観料金

参観料金:
大人 1,500円
中高生700円

いずれも、一般公開の日程・スケジュール等を事前に確認したうえで、お出かけください。

見学の申込方法

現在、通年で一般公開の見学を実施中です。

毎週水曜日は休館日ですので当日申し込みをする方はご注意ください。

迎賓館赤坂離宮の本館、主庭、和風別館見学の事前申込は、インターネットでの受付のみです。

電話で事前申込をすることができないのでご注意を。

申し込みは各日ごとに1回まで

2回目以降の申し込みは無効となります。

もし、定員を超えた場合に見学ができるかできないかは抽選で決定します。

参観者には受付時間が指定された『参観証』が事前にEメールで送付されます。

迎賓館赤坂離宮一般見学希望の方へ

混雑時は、事前予約をされた方の受付が優先されます。

休日や大型連休は当日申し込みより事前申し込みをおすすめします。

大きな行事のない普通の平日であれば当日でもスムーズに見学できるようです。

お出かけ前に「参観希望ページ」を必ずご確認ください。



Sponsored Link



迎賓館赤坂離宮一般見学 交通アクセスは?

交通アクセスと最寄り駅は主に以下の2つです。

JR「四ッ谷駅」徒歩約7分

東京メトロ丸ノ内線、南北線
「四ッ谷駅」徒歩約7分

迎賓館赤坂離宮一般見学 駐車場は?

「※駐車場及び駐輪場はありません」と明記されています。

車だけではなく、自転車もNGなんですね・・・

迷わず電車利用をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お役に立てる情報はお届けできたでしょうか。

夏休みなどの大型休暇や土日祝の連休の期間は少々混雑します。

事前予約をしておけば安心です。

見学する場所によっては当日申し込みも可能です。

ただし、混雑時の場合は、日程やスケジュールなどを事前に確認し予約も検討しましょう。

平日であれば割とスムーズに当日申し込みで見学できるようです。

車の利用は控えた方が良さそうです。

駐車場や駐輪場もないとの事です。

それでは、素晴らしい国宝の日本の建築物「迎賓館赤坂離宮」の見学をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



Sponsored Link