夏になると、スーパーで見かける『土用の丑の日』とか『うなぎ』ののぼりを見て「今年の夏はいつかなぁ?」て思いませんか?

実は、暦の上で「土用(どよう)」と呼ばれる時期は、一年に4回、春夏秋冬のそれぞれの季節にあるんです。

その中でも一番良く知られている土用の丑の日は「夏の土用」のこと。

今年は2回、「一の丑」「二の丑」があるんですよ。

それではその日がいつなのか、また、「今年は美味しい鰻を食べたい!」という方に、

通販でお取り寄せができる、地元で人気のうなぎの名店をご紹介します!



Sponsored Link



土用の丑の日2018は7月と8月の2回!



2018年の夏の土用の丑の日は、

『一の丑』7月20日(金)

『二の丑』8月1日(水)

となります。

知っている人も多いかもしれませんが、土用の丑の日は毎年違うんです。

(だから毎年いつかわからないんですよね~)

昨年2016年は1回、2017年は2回、今年2018年も2回。

2回ある年の土用の丑の日は、1回目がメインとなるようです。

つまり、今年は、

7月20日(金)がメインの「土用の丑の日」となる訳ですね!

なぜ、土用丑の日にウナギを食べるのか

日本では土用の丑の日に、栄養をつけ暑い時期を乗り切るために鰻を食べる習慣が昔からあります。

実は、うなぎに限ったことではなく、「しじみ」や「もち」や「卵」などを食べて栄養をつけていました。

ですから、今でも「土用蜆(どようしじみ)」「土用餅(どようし餅)」「土用卵(どようたまご)」などの言葉が残っているんですよ。

人気の有名うなぎ店の通販お取り寄せをご紹介!

おがわさん(@ogaaa2424)がシェアした投稿



毎年「土用の鰻の日ていつかな?」て考えているうちにスーパーの雰囲気で何となく買ってしまうご家庭も多いのでないでしょうか。

(我が家はその通りです。)

さて、今年は7月と8月の土用の丑の日も知ったことですし、「鰻を食べてハイ終わり」ではなく、

有名店のこだわりの鰻をお取り寄せしてみませんか?

本当なら有名店の鰻を食べに行きたいところですが、平日だとそんな訳にはいかないのが現実です。

たまには家でいつもと違う鰻をゆっくり味わって食べるのもいいものでは?

それでは、通販で評判の美味しい鰻屋さんのうなぎをご紹介したいと思います!!

どこもこだわりの鰻とあってかなり迷います。

そしてどこも美味しそうです・・・

たくさん悩んで比べてみてくださいね。

■佐賀県嬉野市で行列ができるうなぎ屋「森うなぎ屋」

創業70年以上!

佐賀県嬉野市にある老舗のうなぎ屋「森うなぎ屋」。

良質の樫木炭を使用し国産の極上最高級の厳選うなぎをじっくり焼き上げ、外はさくっと中はふんわりと仕上げています。



「森うなぎ屋」の通販お取り寄せはこちら

(お店の紹介も掲載されています。)



■大正3年創業の鰻料理専門店「山美世」

島根県と鳥取県を結ぶ江島大橋の近く、中海を一望する場所にのれんを掲げる「山美世」。

創業は大正3年。

六代目となる現在は、日本でも数少ない鰻専門店として地元でも知る人ぞ知る、隠れた名店です。




「山美世」の通販お取り寄せはこちら

(お店の紹介も掲載されています。)



■素材、産地にこだわる。愛知県うなぎ割烹「一慎」

鰻一筋30年。うなぎ割烹「一慎(いっしん)」。

愛知県産の「活うなぎ」を1尾ずつ手にとって上質の鰻だけを丁寧に焼き上げています。

香りとコクのある「一愼特製」の蒲焼のたれは鰻本来の旨味を引き立たせます。

遠征といえば? そう! 鰻 #愛知 #豊橋 #鰻 #うなぎまぶし

Kenta Masagoさん(@i_am_masago)がシェアした投稿 –



「一慎」の通販お取り寄せはこちら

(お店の紹介も掲載されています。)




■江戸焼の伝統を守る 神田明神下「喜川」

明治29年創業以来、江戸焼の味を守る鰻の名店「喜川」。

新鮮な国産鰻を使い、秘伝のタレとともに焼きをいれた自慢の蒲焼です。

程良い脂のりの、あっさりとした江戸伝統の味をお試しください。



「喜川」の通販お取り寄せはこちら




モンドセレクション最高賞受賞「大五うなぎ工房」の「駿河大五郎」

極上国産ウナギの中からさらに厳選した「プレミアムゴールド鰻」。

「大五うなぎ工房」が稚魚から育てた鰻は他社よりも大きくボリュームがあります。

家族が多い食卓にはうれしいですね。



「大五うなぎ工房」の通販お取り寄せはこちら

(お店の紹介も掲載されています。)







どれもこれも悩みどころ満載ですね(^^)

どこも地元では美味しいと評判のお店ですから、各お店の歴史や伝統など特徴を比較するのも良いですね。

ひつまぶしや肝、ローストビーフや鯖など・・・蒲焼以外のお料理も取り扱っているお店もあるのでチェックしてもいいですね!!



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたでしょうか。

お役に立てる情報をお届けできたでしょうか。

2018年の「土用の丑の日」は2度あります。

『一の丑』は7月20日(金)

『二の丑』は8月1日(水)

今年は我が家も7月に間に合うように通販でお取り寄せする予定です。

土用の丑の日が近づくと売り切れや納期が間に合わなかったりしますので、7月20日(金)に間に合うよう準備しておきましょう!!

(間に合わなかったら8月ですね!)

ご紹介した鰻の名店はどれも特徴が違うのですが、とにかくどこも美味しそうでしたね!

中はふんわり外はサクッとか、こだわりのたれ、伝統の味、モンドセレクション・・・などなど。

あれやこれやと迷いながら決めるのも楽しみの一つかもしれませんね(^^♪

それでは、夏の暑い日に精の出る「鰻」を食べて夏を元気で健康に乗り切りましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link