千葉県の富津市にある人気スポット「マザー牧場」に注目します。

たまには都会を離れ、自然あふれるマザー牧場で心も体もリフレッシュしませんか?

マザー牧場は、ヒツジやアヒルの大行列や定番のシープショー、こぶたのレースなど広い敷地ならではの動物の楽しいショーやパフォーマンスを楽しめるエンターテイメント・ファームです。

そのほか、四季折々の花々も見事に咲き誇り、一面に広がるお花畑もマザー牧場の人気の理由の一つ!

さらにフルーツ狩りも楽しめ、一年を通して子供から大人まで自然の楽しさを堪能できます。

そんな人気のマザー牧場へのアクセス方法、行き方についてご説明したいと思います。

東京方面から行かれる方に、車、電車、バス、フェリーでの行き方をまとめましたのでお役立てください。

【関連記事もどうぞ】マザー牧場イチゴ狩り期間いつまで?予約時間や料金は?混雑や駐車場も


Sponsored Link



マザー牧場の営業時間や料金など基本情報

Denali🌻さん(@dena1i6)がシェアした投稿

所在地 :
〒299-1602 千葉県富津市田倉940-3

2018年営業時間:
2月1日~11月30日
9:00~17:00
平日
9:30~16:30

12月1日~1月31日
9:30~16:00
平日
10:00~16:00

定休日:
12月、1月に不定休

フルーツ狩り:
苺狩り
芋掘り
ブルーベリー狩り
キウイ狩り

入場料:
中学生以上 1,500円
4歳~小学生 800円

駐車場:
4000台 
一日料金 900円

お問い合わせ・予約先:
0439-37-3211

ホームページ:
http://www.motherfarm.co.jp/

マザー牧場の東京方面からのアクセスは?

それでは東京方面からマザー牧場へお出かけの方に、アクセス方法をまとめていきます。

あなたのご都合のいいアクセス方法を選び、マザー牧場をお楽しみください!!

マザー牧場へ東京方面から車で行く方法は?

Saki Nさん(@nahccas18)がシェアした投稿



車を利用する場合、マザー牧場までの所要時間は以下の通りです。

東京から70分

羽田から60分

横浜から60分

東京湾フェリー
久里浜から70分

アクアラインを利用する場合はETCを忘れずに!

車は「アクアライン」が料金の面でも断然おすすめです。

「東京駅」から77,8kmの場所として、1時間20分程度でマザー牧場へ到着します。

アクアラインのETC料金800円です。

ETCがないと4倍の料金がかかり恐ろしい差額になりますからご注意を!!

往復の高速料金を計算すると、

首都高速道路720円
アクアライン800円
東京湾横断道路連絡道-館山自動車道(休日割引)680円

合計往復料金は4,400円
(普通車、休日、ETC利用の場合)

かなりお得だと思います。

ガソリン価格は片道733円(燃費14.22km/l、レギュラー134円想定の概算金額)と計算すると、

車1台の往復合計金額は5,866円、6000円かかりませんね!

ファミリーやグループでお出かけの際は費用も安く済むかもしれません。

車で行く場合のルート設定は?

suzyさん(@qq346wsd)がシェアした投稿



ETC専用「君津PAスマートIC」が便利です。

カーナビの設定は、以下に設定してください。

「君津PA下り」

または

「君津PAスマートIC下り出口」

館山自動車道・アクアラインを利用する場合のルート

・君津PAスマートICから約8km
・木更津南ICから約15km
・君津ICから約14km

館山方面から館山自動車道・東京湾フェリーのルート

・富津竹岡ICから約13km

※大型車は日・祝日に交通規制があるようです。

マザー牧場へ東京方面から電車・バス・フェリーで行く方法は?

route127さん(@route127_plus)がシェアした投稿



JR新宿駅から特急を利用して千葉駅を経由し木更津駅まで行き、バスでマザー牧場に行く方法、

JR東京駅から千葉駅経由で木更津駅まで行き、バスでマザー牧場に行く方法があります。

高速バスも時間の都合が付けば、歩くことも運転することもなく楽に移動できます。

フェリーも利用できますが、こちらについては、一日の往復が限られますのでご注意を。

わかりやすい路線図がありましたのでご参考にご利用ください。



JR内房線君津駅からマザー牧場までの直通路線バス

のぶにぃさん(@nobuhiro_karikomi)がシェアした投稿



君津駅から
マザー牧場行きバス乗り場は
「南口1番」です。

料金(片道):
大人(中学生以上)700円
小人(小学生)350円

のりば:
JR君津駅南口1番のりば⇔マザー牧場まきばゲート前[b
r num=”1″]

所要時間:
約30~40分
※所要時間は交通事情により異なる場合があります。

お問い合わせ:
日東交通(株)富津営業所
TEL. 0439-87-5400

JR内房線佐貫町駅からマザー牧場までの路線バス(鹿野山線)

Makoto Asamiさん(@balijin)がシェアした投稿



料金(片道):
大人(中学生以上)480円
小人(小学生)240円

のりば:
JR佐貫町駅前のりば(駅出口右側)⇔マザー牧場まきばゲート前

所要時間:
約25分

お問い合わせ:
日東交通(株)富津営業所 上総湊出張所 TEL. 0439-67-0562



Sponsored Link



まとめ

いかがでしょうか。

東京方面からマザー牧場に行く方法はいくつかありますが、人数や費用面で考えるのか、時間で考えるのかなどなど、条件によって変わってきます。

また、重要なのが、「混む時期かどうか」でアクセス方法も変わってきます。

GWや連休となるとアクアラインも混みますので、車よりも公共交通機関の利用のほうがいいかもしれません。

逆に、子供連れやお年寄りには、電車やバスなどは乗り換えがあり、事前にしっかりとルートを知っておかなければ大変な労力が必要となります。

その場合は、車の利用の方がいいかもしれません。

房総半島のマザー牧場があるエリアは、レジャー施設が沢山あります。

帰りのアクアラインの渋滞も連休中はかなりひどい場合がありますので車の方はくれぐれもご注意ください。

お住いの場所によっては、アクアラインを避けて内房(館山道)を利用する手段もあります。

帰りは渋滞情報などのチェックも怠らないようドライバーの方にくれぐれもお願いしたいものです。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link