日本の名勝「六義園」(りくぎえん)をご紹介します。

江戸時代は五代将軍綱吉に仕えた柳沢吉保の下屋敷として吉保自ら設計し築造したと言われる日本屈指の築山泉水庭園。

国指定の特別名勝の見事な庭園は、春夏秋冬のそれぞれの美しい景色から何度も訪れたくなる場所です。

「日本」をイメージする庭園が本からそのまま出てきたかのような、「和」が随所に感じられる庭園は外国人にも大人気スポットなんです。

桜や紅葉の時期が人気ですが、それ以外の季節もつつじやアジサイなど季節の花木も楽しめむことができます。

見る人の心をほっと和ませる純和風庭園の六義園に一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

交通のアクセス方法や、駒込駅の出口はどこか、六義園までの歩き方や便利なバスのアクセス方法もお届けします。

六義園について他にも記事を書いています。
よろしければどうぞ。





Sponsored Link



六義園の基本情報

Yukakoさん(@yukako.u.u)がシェアした投稿



名称:
六義園(リクギエン)

所在地:
〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3

交通アクセス:
(1)駒込駅から徒歩で7分
(2)都営地下鉄千石駅から徒歩で10分

料金:
300円
150円(65歳以上)
小学生以下は無料

開園時間
9:00〜

桜や紅葉の時期はライトアップをしています。
~21:00

@rikisan812がシェアした投稿



文化財:
国指定特別名勝

築庭年代:1702年

お問い合わせ:
03-3941-2222

六義園へのアクセス方法

渡辺瑞子 瑞生会さん(@zuisyokai)がシェアした投稿



アクセスには電車バスが便利です。

駐車場がないため、車を利用する場合、周辺の駐車場を探す必要があります。

六義園へ 電車の場合

駒込駅千石駅が最寄り駅となります。

駅の出口もチェックしておきましょう。

JR山手線 JR駒込駅 南口から徒歩7分

地下鉄南北線 駒込駅 2番出口から徒歩7分

都営地下鉄三田線 千石駅 A3出口からから徒歩10分



どのルートも駅から近く、普通に歩いていけますね!

駒込駅に着いてからの歩き方

次は、駅に着いてからの歩き方をご説明します。

初めての方は、迷わず行けてわかりやすいJR駒込駅の利用をおすすめします。



正門から入るルートです。↑

繁忙期は駒入駅正面の染井門も利用できます。

初めての方は、少し歩きますが、正門から入り順路に沿ったほうがより庭園の雰囲気を味わえると思います。

お庭を囲む塀に沿って正面に回ります。

巣鴨駅も好アクセスです。

とげ抜き地蔵やおばちゃんの原宿として有名な巣鴨

この巣鴨と六義園は直線距離にして500mほどしか離れていません。

徒歩で10分もあれば到着しますよ。



六義園のアクセス方法【バス】

バスも利用できます。

バスに乗る駅と最寄りのバス停はどこ??

秋葉原駅を利用の場合

「茶51」系統
駒込駅南口行
所要時間約30分
「上富士前」下車
徒歩1分

本郷三丁目駅を利用の場合

「茶51」系統
駒込駅南口行
所要時間約16分
「上富士前」下車
徒歩1分

上野御徒町駅を利用の場合

「上58」系統
「上野松坂屋」から早稲田行
所要時間約22分
「上富士前」下車
徒歩3分

千石駅を利用の場合

「上58」系統
「上野松坂屋」行
所要時間約3分
「上富士前」下車
徒歩3分

六義園のアクセス方法【車】

六義園には駐車場がありません。

車を利用の場合は、周辺のコインパーキングを探すことになります。

周辺のコインパーキングを探す

電車やバスの方がアクセスも良く、混雑時の不安も少ないかもしれません。



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたか?

春の桜の時期や紅葉の時期は大変混み合いますので、必ず事前にアクセスをチェックしておきましょう。

都内にありながら、広大な土地に素晴らしい日本庭園を楽しむことができます。

庭の風景もさることながら、松のひとつひとつの手入れも「さすが日本人は仕事が丁寧」と感動するほど。

外国人の観光客も多くいますが、日本人なら「日本の庭はすごいだろう」などとちょっと自慢したくなるお庭ですね。

正門を入った瞬間から別世界へ足を踏み入れたかのような錯覚と自然に触れ合う時間を楽しめます。

季節ごとの庭木や美しい花も楽しめ、ゆったりと贅沢に庭の散策をすることができます。

キミさん(@kimichan_camera)がシェアした投稿



1~2時間あれば一周回ることができます。

休憩には、庭の中ほどにお抹茶がいただけるお茶所もありますので、ぜひご利用ください。

Lisaさん(@ricchandragon)がシェアした投稿



現在の六義園の庭園の様子やや実際の感想など口コミをチェックしたい方はこちらをどうぞ。



それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link