第40回千葉市民花火大会(幕張ビーチ花火フェスタ2018)について、今年はなんと7月平日開催が決定し、例年よりも一週間ほど早い開催となります。

幕張の花火大会へ行くご予定の方は、急いで日程調整をしてくださいね!!

国内最大級となる約2万発以上の花火で人気の幕張の花火大会が、今年は8月の第1土曜日ではなく、平日の金曜日となります!

千葉市からの公式発表はこれからですが、第40回記念千葉市民花火大会(幕張ビーチ花火フェスタ2018)の概要は市のHP(千葉観光ガイド)から確認することができました。

会場は今までと同じく千葉市のウォーターフロント「幕張の浜」となります。

どうやら第40回を記念して東京オリンピック会場をアピールするためにも大幅にスケールアップする予定です!!

海上ミュージックスターマインや尺玉の打ち上げ、フィナーレの特大花火も期待できますね!

それでは、平日開催となった幕張花火大会2018の日程や時間平日開催の理由などをまとめながら、早期開催で有料席チケットの発売日はいつになるのか調査します。

【関連記事もどうぞ】幕張ビーチ花火フェスタ2018混雑状況や場所取り時間は?穴場や口コミも



Sponsored Link



幕張花火大会2018日程は7月27日金曜平日開催!時間は?

Lumia1020 & 950XLさん(@fuga833)がシェアした投稿



第40回を迎え、東京オリンピックを控えている年の花火ですから、スケールアップは間違いなさそうです。

概要は千葉市のHPの千葉市観光ガイドのから確認できます。

今年は8月の月初ではなく、7月末の平日金曜です!

大会名称:
第40回記念千葉市民花火大会『幕張ビーチフェスタ2018』

開催日時:
平成30年7月27日(金)

19:30~20:30
(※荒天または強風の場合は中止)

打上場所:
幕張海浜公園(千葉市美浜区美浜1)

観覧場所:
幕張海浜公園内

観覧者数:
約300,000人
(会場内約100,000人、有料観覧席内約35,000人)

開催時間例年通りですね。

幕張花火大会2018の有料席チケット発売はいつ?

まだ公式サイトが立ち上がっていないため、確認できたのは概要のみです。

チケットの発売や詳細の公式な発表はこれからです。(2018.5.5現在)

チケットの値段や発売日について昨年がどうだったのか調査しました。

幕張花火大会の有料席チケットの値段は?

Shinichiro Kawamuraさん(@kawash1nnn)がシェアした投稿



昨年2017年の価格を参考にしてください。
(2018年の詳細は格子発表され次第に更新予定です)

※以下2017年の価格です。

ビーチ席A:1名4000円

ビーチ席C:1名3000円

シーサイド席:1名1500円

メッセサイド席(ライブ鑑賞付き):
6000円

スタジアム席(ZOZO マリンフィールド内):
1名2500円

幕張花火大会の有料席チケットの発売日は?

2017年は、2017年5月26日(金)より発売開始でした。

同じ時期を想定すると・・・

2018年5月25日(金)予想

となります。

幕張花火大会2018の公式発表はいつ?

おそらく、例年通りだとすれば、もうすぐだと思われます。

花火大会に関する公式発表は5月10日(木)前後かもしれません。

花火大会についての詳細やチケットについては、


必ず、公式サイト千葉市観光ガイドをご確認くださいね!

幕張花火大会2018 なぜ平日開催になったの?

さて、驚きの平日開催となった幕張ビーチ花火フェスタですが、そもそもなぜ8月の第1土曜日から平日開催となったのか疑問です。

どうしても気になるのは私だけでしょうか。

マリンスタジアムでの千葉ロッテマリーンズのホーム試合もその日はなさそうですし、

幕張メッセで大きなイベントが開催される様子も今のところありません。

幕張花火大会2018 平日開催で混雑回避?

考えられるとしたら、他の周辺地域で開催される大きな花火大会と日程が重なることが理由でしょうか。

平日に開催することで混雑回避を狙ったのでしょうか。

8月第1週目の土曜に開催する予定の周辺の大きな花火大会は?

・江戸川区花火大会
・いたばし花火大会
・戸田橋花火大会
・市川市民納涼花火大会
・佐倉花火フェスタ
・手賀沼花火大会市川市民納涼花火大会
・松戸花火大会

など・・・調べるとまだまだたくさんあります!

確かに、混雑を回避するためにも開催日を違う日にするのは良策かもしれませんね。

2017年7月28日(金)に開催した関東の大きな花火大会は?

実は・・・

2017年の関東で開催された花火の中で、7月の最終金曜日、2017年7月28日(金)に開催された花火大会はありません。

それが狙いなのでしょうか。

ライバルなし穴場の大型花火大会になりますね。

幕張ビーチ花火フェスタの例年の混雑が原因?




例年、混雑状況など確かに道路、駐車場、電車などかなり厳しい混雑ぶりです。




特に、江戸川区の花火大会、市川市民納涼花火大会、松戸花火大会あたりの混雑と重なり、例年、公共交通機関は利用客でかなりの人であふれています。

第40回を記念する花火大会の規模拡大のため?

Taicoroさん(@taicoro)がシェアした投稿




第40回を記念する年であり、東京オリンピックを控えている年の花火ですから、スケールアップを狙っているようです。

他の大きな花火大会と区別する狙いなのでしょうか。

開催概要には以下の目的が明記されていました。

「第40回を迎える記念大会となることから、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの競技会場都市として、千葉市の国際的価値の向上と未来へと引継がれるレガシーを創出していくため、花火大会の知名度向上に繋がる花火演出を行う。」



Sponsored Link



まとめ

幕張ビーチ花火フェスタ2018についての情報はいかがでしたでしょうか。

お役に立てたでしょうか。

併せてこちらの関連記事もどうぞ!
幕張ビーチ花火フェスタ2018混雑状況や場所取り時間は?穴場や口コミも

では内容をまとめましょう!

2018年の幕張の花火大会は平日開催となります。

開催日程は、

7月27日(金)
19:30~20:30

その他、打ち上げ場所、観覧席など、例年通りと思われます。

毎年決まった場所がある方は安心してくださいね!

幕張の花火は8月の第1週目と思い込んでいる人は要注意です。

お友達にも教えてあげて、予定を調整してくださいね!

関東でも大規模で人気のある幕張ビーチフェスタ花火大会2018は、今年は、さらにスケールアップする予定です。

かなり期待できますね!!

平日開催ということで混雑も例年よりはひどくはならないと予想します。

来年も再来年もこの平日開催で続くのかは未定ですが、今年は「穴」の年であることは間違いないでしょう。

毎年、「花火大会は混雑するから嫌だ」と思い込んでいた方も今年は足を運ばれてはいかがでしょうか。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link