京都祇園祭は日本三大祭の一つです。

夏の京祇園祭の中でも一番注目度が高いのは「山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)」と呼ばれる日です。

前祭は7月17日、後祭りは7月24日に行われます。

山鉾巡行はお祭りのハイライトでもあり、全国からも海外からも観光客がやってきて大変混雑します。

もちろん無料でも見られますが、今年は思い切って有料観客席を購入してはいかがでしょうか。

指定席に座ってゆったりと山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)を見物できるので、初めての方や、体の不自由な方にはチケット購入がおすすめです。

それでは、この有料指定の観覧席について、気になる発売日購入方法をまとめます。

また、観覧席の場所通過時間座席表や、チケットの値段もチェックしておきましょう。



Sponsored Link



京都の祇園祭とは?



祇園祭は貞観年間(9世紀)から続く京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼です。

7月1日から1か月間行われる長い祭りなんですよ。

祭の行事は「八坂神社主催」のものと、「山鉾町が主催」するものに分けられます。

祇園祭のハイライトは「山鉾巡行」



祇園祭といえばまずこの「山鉾巡行」(やまぼこじゅんこう)イメージを浮かべる人が多いと思います。

災厄をもたらす疫神を鎮めるために、町中を練り歩いたことが始まりといわれています。

2014年より巡行が7月17日の「前祭(さきまつり)」と7月24日の「後祭(あとまつり)」に分かれて行われるようになりました。

前祭では23基、後祭では10基の山鉾が京都市内を練り歩きます。

特に曲がり角で山鉾が方向転換する『辻回し』の瞬間には、迫力があるため沿道から歓声が沸きあがります。

私達がメディアでよく目にするのはこのシーンですね!

ではこの山鉾行事、とくに山鉾巡行がどのような流れで行われるのかまとめてみましょう。

京都の祇園祭のハイライト!山鉾行事の日程は?

ryさん(@saki_maro53)がシェアした投稿



■前祭(さきまつり)

「宵山」(よいやま)
7月14日~16日 
(15日、16日には屋台もでます。)

「山鉾巡行」
7月17日

■後祭(あとまつり)

「宵山」(よいやま)
7月21日~23日

「山鉾巡行」
7月24日

京都祇園祭の有料観覧席購入の基本情報

古谷宗信さん(@furutanimunenobu)がシェアした投稿



気になる有料観覧席を購入するに必要な日程や値段、場所などの情報をお届けします。

公式サイトを参考に概要をまとめます。

有料観覧席発売要項(前祭)

開催日(前祭):
7月17日(火)

料金(前祭):
一般席 3,180円
(全席指定・パンフレットや日除け帽子等付)

※その他、英語解説付席、辻廻し観覧プレミアム席のほか祇園祭まなび席(2018年より新設)も設置

観覧席の設置場所:
一般席
御池通の寺町通から新町通の間に設置

※地図の上部の赤字のところです。



巡行(先頭)通過時間:
午前10時20分頃(寺町御池)~11時20分頃(新町御池)

有料観覧席発売要項(後祭)

開催日(後祭):
7月24日(火)

料金(後祭):
一般席 3,180円
(全席指定・パンフレットや日除け帽子等付)

※その他、くじ改め観覧プレミアム席(2018年より新設)も設置

観覧席の設置場所(後祭):
一般席:御池通の寺町通から河原町通の間(京都市役所前)に設置

※地図の上部の赤字のところです。



巡行(先頭)通過時間:
午前10時頃

京都祇園祭の有料観覧席の座席表や場所取りは?

有料観覧席と聞いてもピンとこない方に、観覧座席表からイメージできるかもしれません。



先祭と後祭では有料観覧席の位置が違います。

チケットの購入時には席の指定不可です。

購入したチケットに席番号が書かれています。

つまり、場所取りなどは必要ないということですね。

京都祇園祭の有料観覧席の発売日は?

有料観覧席の発売時期は6月の初旬です。

公式サイトではまだ非公式です。(2018.4.28現在)

ちなみに、

2015年
先祭チケット6月2日(火)発売
後祭チケット6月9日(火)発売

2016年
先祭チケット6月7日(火)発売

2017年
先祭・後祭チケット6月6日(火)発売

いずれも9:30~発売開始です。

つまり、例年通りなら、

2018年6月5日(火)9:30~発売開始予定



の可能性が高いですね。

京都祇園祭の有料観覧席の購入方法は?

公式サイトには、以下のように電話番号が掲載されています。

有料観覧席のお問い合わせは下記にお問い合わせ下さい。
京都市観光協会
TEL:075-213-1717

ですが、実際はインターネット販売コンビニ旅行会社などで販売されるようです。

発売日が近くなったら以下のサイトやコンビニでチェックするか、京都観光協会に連絡して教えてもらうといいかもしれません。

・旅の発見ティーゲート

・チケ探

・楽天チケット

・チケットぴあ

・コンビニ
ローソン
ミニストップ
セブンイレブン
サークルKサンクス
ファミリーマート

・旅行会社での店頭販売
JTB
日本旅行
近畿日本ツーリスト

・京都観光総合案内所での販売

発売開始時刻が微妙に違っていたり、受け取り方法や手数料が異なる場合があります。

事前に確認しておきましょう!


Sponsored Link



まとめ

京都祇園祭についての情報についてお役に立ちましたでしょうか。

2018年の祇園祭の山鉾巡行の前祭は7月17日となり、後祭は7月24日です。

雨天決行ですので、晴れることを祈りましょう!!

有料観覧席がはじめての方やお年寄りにはとてもおすすめです。

ただし、有料観覧席については、公表されていないことが多く、今回はいろいろな事がわかりました。

6月初旬には有料観覧席の発売が始まりますので、5月末にはSNSや京都観光協会の公式サイトを必ずチェックしてくださいね。

購入方法は、京都現地で購入する他、インターネット、旅行会社でも購入できます。

販売日は同じでも販売開始時間が多少違いますのでご注意下さい。

それでは、観覧席のチケットを無事ゲットできますようお祈りします。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link