ピョンチャン(平昌)冬季オリンピック、男子ショートトラック期待の星!吉永一貴(よしなが・かずき)選手がいよいよ2月10日に登場します!

吉永一貴選手といえば、2016年全日本選手権で史上最年少優勝で話題になりましたよね!

また、昨年の全日本選手権では2大会ぶり2度目の総合優勝を果たし、平昌五輪でも金メダルが期待されている大物選手です。


そして、今、鋭い目力が魅力のイケメン選手としても今注目されているのをご存知ですか?

現在18歳という若さですが、既に中学生の頃から全日本選手権での優勝経験を積んでおり、実力は本物です。

(イケメンの顔の右頬に大きな傷の痕がありますが、競技中のケガなのでしょうか。)

期待の星、吉永選手ですが、実は母親叔母(母親の実妹)もショートトラックで活躍したすごい選手だそうですよ!!

こちらの記事では、ショートトラック界のサラブレッド選手、吉永一貴さんに注目したいと思います!

イケメン吉永選手の紹介と、プロフィールや経歴、お母さんと叔母さんのご紹介をしましょう!



Sponsored Link



吉永一貴がイケメン!プロフィールや経歴・成績は?

イケメンと言われる吉永一貴選手の写真(動画)はこちらです。




いかがですか?

10代には見えませんね。

とても落ちついて見えます。

キリッとした美形の選手です。

それでは、簡単に吉永一貴選手のご紹介をします。

吉永一貴選手のプロフィールは?

Wikipediaにはまだないので、調べてみました。

吉永 一貴(よしなが かずき)

生年月日:
1999年7月31日(18歳)

出身地:
愛知県尾張旭市

出身小学校:
尾張旭私立白凰(はくほう)小学校

出身中学校:
名古屋経済大学市邨(いちむら)中学校

高校:
名古屋経済大学市邨(いちむら)高校

※中学高校と私立一貫校だそうです。

身長:171cm

体重:59kg

血液型:A型

趣味:
映画鑑賞 マンガを読むこと 歌を聴くこと。

かなり筋肉質で太もものすごく太そうなのですが、見た目はとてもスレンダーな感じですよね。

マンガを読むことが趣味とはちょっと可愛くて親近感がわきます。

愛知県は、浅田真央選手や宇野昌磨選手、安藤美姫選手や村上佳菜子選手、そして伊藤みどり選手など、フィギュアスケートが盛んな地域で、ショートトラックをするリンクもあります。

そして今、オリンピック直前、地元、愛知県尾張旭市からの熱い応援も盛り上がっていますよ!!

2月10日(土)は18時45分より、渋川福祉センター(勤労福祉会館)くすのきホールでパブリックビューイングがあるそうですよ!

地元の方は要チェックですね!

吉永一貴選手の経歴や成績は?

輝かしい成績を残しています。

ショートトラックをやりたいと思ったのは、小学校2年生の頃で、実際に始めたのは、小学校3年生の頃だそうです。

4年生になり、クラブチームに移籍して本格的にコーチをつけてショートトラックの実力を伸ばしてきました。

<2014年>
全日本ショートトラック距離別選手権大会
1500m優勝

全日本ジュニアショートトラック選手権大会
総合2位

全日本ショートトラック選手権大会
総合3位 500m2位 1000m4位

<2015年>
世界ジュニアショートトラック選手権大会
総合9位 1500m3位

<2016年>
全日本ショートトラック選手権大会
総合優勝

世界ジュニアショートトラック選手権大会
総合9位 1500 5位 リレー4位

ユースオリンピック冬季競技大会
500m銀メダル 1000m6位 NOC混合リレー銅メダル

世界ショートトラック選手権大会 出場

<2017年>
全日本ショートトラック距離別選手権大会
1000m 優勝

2016年全日本選手権では、史上最年少で優勝をし、500m・1000m・1500mの三つの日本記録保持者なんですって!

これは、平昌オリンピックに期待がかかります。

今回の冬季五輪での注目選手が掲載されている雑誌です。

吉永一貴さんの記事も掲載されていますよ!

送料無料です。

平昌オリンピックをより楽しみたい方へ・・・よろしければどうぞ。

吉永一貴選手の顔の傷は?原因は何?

吉永選手の顔に傷がありますが、この傷は2014年吉永選手さんが中学2年生の時にできたものです。

ソチオリンピック直前合宿にお手伝いとして参加していた際に、転倒した選手に巻き込まれてしまったそうです。

転倒した方のシューズの歯が、吉永さんの頬に深く刺さり10針以上を縫う大怪我を負ってしまいました。

相当痛かったでしょうね・・・

お父さんの浩さんは、顔の大怪我でのメンタルを心配し、引退をすすめたそうですが、

お母さんは「足じゃなくて良かった練習を休まないですむ」と思った、というエピソードがあります。

本人はすぐに復帰して練習を再開したそうです。

おそれく精神的にも強く、ショートトラックへの情熱と執念が彼を続けさせたのでしょう!

吉永選手のお母さんと叔母さんは有名な選手?経歴は?

どうやら調べていくと、お母さんも、そして叔母さんも元ショートトラックの選手だったんです!!

これスゴイですね!!

吉永一貴選手はショートトラック界のサラブレッドだったんですね~!

母の吉永美佳さん、旧姓、加藤美佳さんは、ショートトラックスピードスケートの元選手です。

全日本選手権を3度も制し、世界選手権で500mを連覇したことのある名選手だったんですよ!

1980年代初めまで活躍し、1983年の世界選手権後現役を退きました。



そしてお母さんの実妹、叔母の加藤美善(かとう・みよし)さんもスゴイんです。

中学の時に、全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会で総合優勝、

高校になり全日本スピードスケート選手権大会を史上最年少で制覇、

第2回ショートトラックスピードスケート全日本選手権で総合2連覇を達成。

1980年レークプラシッドオリンピックに日本スピードスケート史上最年少(当時、2010年に高木美帆が更新)で出場しています。

いやいやぁ・・・スゴイ!血筋なんですね~

おそらくお母さんは、息子に選手としての教育をし、精神的な支えとしてこられたのは間違いないでしょう!!


平昌の中継には、元有名選手の母と叔母としてインタビューに答えてくれるかもしれません。

期待しましょう!



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたでしょうか。

男子ショートトラックスピードスケート日本代表の吉永一貴さんは、全日本選手権の優勝で平昌オリンピックでのメダルが期待されている18歳です。

お母さんは、旧姓加藤美佳さんといい、ショートトラックの元選手で日本のトップを走った選手です。

また、お母さんの実妹の加藤美善さんもショートトラック元日本代表のオリンピック出場選手です。

地元愛知県尾張旭市からの声援も熱く、試合当日にはパブリックビューイングがありますので、ひょっとしたら、お母さんも叔母さんも招かれているかもしれませんね!!

さて、ショートトラック界のサラブレッドがどこまで世界と闘い、何色のメダルが獲得できるのか楽しみですね!!

それでは、平昌オリンピック、吉永一貴さんの初戦2月10日を楽しみましょう!!

放送は、NHK BS 18:50~、日本テレビ系列18:55~

最後までお読みいただきありがとうございました。



Sponsored Link