ピョンチャン(平昌)冬季オリンピック、フリースタイルスキー男子モーグルの競技がいよいよ2月9日から始まります。

男子モーグル日本代表のスゴイ選手、堀島行真(ほりしま ゆきま)さんをご存知でしょうか?

あの王者ミカエル・キングズベリー(カナダ)が君臨する男子モーグルで、昨年世界選手権史上初の男子2冠を達成し、W杯でも優勝しています。

スキーの速さは世界一だとか!

エアを成功させれば、確実に金メダルが取れると話題となっている選手です。

それでは、イケメンとしても人気の高い堀島行真さんについて、出身などプロフィールや経歴のほか、同級生の宇野昌磨選手とのエビソード、父と母、姉についてなどまとめていきます。



Sponsored Link



モーグル堀島行真は平昌五輪メダル候補!




↑↑↑
めちゃめちゃかっこいいエアの写真ですね!!

まずは、フリースタイルスキー・モーグルの堀島行真さんについて、

金メダルも狙えると言われている堀島選手の今までの成績や経歴をまとめていきます。

堀島行真がスゴイ!!経歴は?どんな人物?

堀島行真(ほりしま・いくま)

出身:
岐阜県揖斐郡池田町

生年月日:
1997年12月11日(20歳)

出身中学:
池田町立池田中学校

出身高校:
岐阜第一高等学校

大学:
中京大学スポーツ科学部
在学中

スキーを始めたのは、なんと1歳!?

(よちよち歩きの1歳児??)

スキー好きのご両親の影響を受けてスキーを始めたんだそうです。

初心者パークからスキーを始め、すぐに熱中するようになり、小学校4年の頃、本格的にモーグルを始めることに。

小学校5年で初めて大会に出場した際に完走できなかった悔しさがきっかけで、「一番を目指す!」とモーグルに益々熱中していったそうです。

実姉もモーグル選手のようです。(お姉さんについては後ほど)

堀島行真の過去の成績は?

1歳から始めたというのですから、スキー歴は20歳にして19年!

輝かしい成績は、小さい頃から着実に成長してこられた証拠ですね。

<2012年>
中学3年生で全日本ウォータージャンプ選手権(全日本スキー連盟公式競技)ビッグエアで優勝
(姉が準優勝)

<2014年>
高校2年生で、世界ジュニア選手権デュアルモーグル7位入賞

<2015-2016年>
FIS(国際スキー連盟)
フリースタイルスキー・ワールドカップ開幕戦(フィンランド・ルカ)
デュアルモーグルで3位

FIS公認 ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出

<2016年>
中京大学スポーツ科学部に入学

<2017年>
アジア冬季競技大会(札幌市)日本選手団入り
モーグル2種目(シングル・デュアル)でそれぞれ優勝(金メダル)

フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権
(スペイン・シェラネバダ)
日本代表
2種目で2冠達成!!

<2018年1月>
ワールドカップモーグル第7戦
(カナダ・トランブラン)
優勝!!

平昌直前に勢いに乗っているようです!!

世界選手権初出場で金メダル!2種目で2冠!W杯も初優勝!!

2017年から彼の快進撃が続いています。

1999年以降で男子モーグルが2種目になってから2冠を達成したのは史上初の快挙!

日本人選手としては、2009年の上村愛子以来2人目となる快挙だそうです。

すごすぎますね・・・

ガナルさん(@ganaru576)がシェアした投稿



そして、2018年1月に行われたフリースタイルスキーのW杯では、モーグル7戦が行われ、

堀島選手が93・88優勝

開幕6連勝のミカエル・キングズベリー(カナダ)を抑え、W杯初勝利を飾りました。

(キングズベリーは93・27点で2位)

hikozaさん(@hikozam)がシェアした投稿




スキーの速さは王者以上!

エアを確実に成功させれば、平昌オリンピックで確実に金メダルがとれそうですね!!

ところで、堀島選手が2017~18 シーズンに履いて闘っているブーツの特別仕様モデルがこちらです。

ベースモデルはPowerMAX。

持ち味であるスピードを活かし、常にポジションをキープしやすい柔らかめのフレックス95。

シェルの動きに追従しやすいワイヤー式RX-Aバックルを使用しています。

ホールド性能重視の選手用BX-H インナーなど、堀島選手の意見を最大限に取り入れたブーツだそうです。

グローブにもこだわりがあるそうですが、「トーバート製」のものを使用している以外によくわかりませんでした。

かっこいい!ですね!

こちらのブーツは、堀島選手シグネチャーモデル!

数量限定のようですよ。

オリンピックで活躍するまでに売り切れそうですね・・・

モーグル堀島行真の同級生は宇野昌磨選手?




堀島選手のことを調べていくと、あの男子フィギアスケート日本代表の宇野昌磨選手と中京大学の同級生であることがわかりました。

2017年、堀島選手が中京大豊田キャンパスで練習を公開した際に、同じ中京大2年の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)と対談して刺激を受けたことがあったそうです。

対談は中京大の学内新聞が企画して2017年5月に実現。

二人は面識はなかったそうですが、お互いの試合に対する気持ちを話したそうです。

堀島選手にとって特に印象に残ったのは、宇野昌磨選手の「試合を楽しむ」という言葉。

当時、堀島選手には精神的な余裕がなく、試合へのプレッシャーで楽しむことなど考えられなかったそうで、

「昌磨くんが楽しんでいると聴いた時はスゴイなと刺激を受けた」と明かしたそうです。

昨年からの快進撃の理由の1つに、宇野昌磨選手の「試合を楽しむ」という事が影響したのかもしれませんね。

モーグル堀島行真選手の両親や姉は?

1歳からご両親の影響でスキーを始めたという堀島選手ですから、やはりお父さんやお母さんの職業などが気になりますね。

そして、お姉さんもモーグル選手とのことです。

しかもお姉さんは可愛いとの噂があります。

ちょっと調べてみました!

まず、父親について調べてみました。

堀島選手のお父さんについて

こちらがお父さんとお姉さんです。
(お姉さんは後ほど)



堀島行真選手の強さの裏にはお父さんの存在が大きくあったようです。

お父さんは、堀島行訓さん。

モーグルの選手ではなく、小学校の教員をしていらっしゃるそうです。

父行訓さんと二人三脚でトレーニングに励み、雪のない季節には、ウォータージャンプ場に通い詰めたそうです。

1日50本以上飛び、その影響で肋骨を折るケガをしたにも関わらず飛び続けていたとか。

厳しい練習だったようですね。

さらに、練習から帰宅するとすぐにお父さんが撮影したビデオで検証し、気づいた点などを日記として残しています。

その後も練習と撮影と日記とで、ビデオのDVD枚数は100枚を超えてたのだそうですよ~。

お父さんは、「ダブルツイストやコーク1080など武器を操れるようになったのも小学時代の練習と日記が根底にある」と話しているそうです。

中学に入ると、自宅の駐車場が特訓場に様変わりし、トランポリンを設置して練習に励みました。

彼の空中感覚はこのお父さんの作った駐車場での特訓が影響しているのでしょう。

堀島行真の強さの影には一生懸命支えた父、行訓さんの存在があったんですね!

堀島選手のお母さんについて

お姉さんとおそらくお母さん?です。
(お姉さんのインスタのタイトルが「一人っ子Day」とあったのでこの方がお母様ではないかと予想。間違ってたらごめんなさい!)

堀島 有紗さん(@arisa957)がシェアした投稿

次にお母さんについてですが、お母さんについては、よくわかりませんでした。

ただ、スキーをされていて、大会出場歴もあるとのことでした。

お父さんと同じで教員をされているという噂です。

堀島選手のお姉さんについて

お姉さんも、中京大学 スポーツ科学部競技スポーツ科学科に所属しているモーグルの選手、

堀島 有紗選手です。

笑顔が超かわいいですね!


残念ながら、平昌オリンピックへの出場は叶いませんでした。

弟さんを全力で応援しているそうですよ!



兄弟でオリンピックを目指していたんですね。

平昌ではお姉さんのインタビューも放送される可能性が大ですね!!

楽しみにしておきましょう!!



Sponsored Link



まとめ

堀島選手について、いかがでしたか?

世界選手権やW杯での優勝実績は、平昌の金メダルへの期待が高まりますね!!

この快進撃を平昌でも実現してほしいですね!!

スピードでは負けない堀島選手ですから、エアをしっかり決めてしまえば、メダルへの可能性は高くなります。

「試合を楽しむ」という同級生の宇野昌磨選手の言葉の通り、オリンピックという大きな舞台で、プレッシャーに負けることなく大会を楽しんでもらいたいですね!

また、小さい頃から息子のためにお休みの日も付き合ってこられたご両親の想いもとても大きなものだと思います。

お姉さんのインスタから伺えるのは、本当に家族が仲良しでとても明るいこと!!

こんな愛情に満ちた温かい家庭に育ったからこそ、堀島選手はぐんぐん実力を付けて伸びていけたのでしょう!!

お姉さんも現役のモーグル選手で弟を全力で応援しているとのこと。

姉弟のオリンピック出場は叶いませんでしたが、お姉さんの夢を弟が「金メダル」という形で叶えてくれるでしょう!

堀島選手の表彰台を期待しています!

最後までお読み下さりありがとうございました。



Sponsored Link