2018年2月3日の節分の恵方は南南東ですね!

ご家族で豆まきや恵方巻イベントを計画していますか?

日本古来の伝統を受け継いで次世代へ伝えていく・・・とても素敵なことですね!

現在は「恵方巻き」も姿を変え、「恵方ロール」といった縁起を担ぐ節分スイーツも次々と発売されています。

さて、2018年のセブンイレブンの恵方巻きの恵方ケーキは、『節分苺のロールケーキ』『節分チョコバナナクレープ』『節分もちとろ さつまいも棒』です!!

その他、毎年人気の『節分ミニ豆大福』もおすすめ!

自宅で楽しむほか、季節のご挨拶手土産にぴったりですね!

期間限定商品ですから、ご予約はお早めに!!

人気のケーキの豆大福について、値段や口コミ評価(評判)についてもまとめます。



Sponsored Link



恵方巻きセブンイレブン2018の節分ケーキや豆大福の予約方法

それでは今年のスイーツたちをご紹介しましょう!

セブンイレブンの節分2018のケーキと豆大福の紹介

まずは恵方ロール節分スイーツから

節分苺のロールケーキ

節分苺のロールケーキ

ふんわりスポンジの中に苺ピューレが入った苺ホイップクリームと苺が入ったロールケーキです。

節分にぴったりなかわいい鬼のパッケージ入り!

●商品サイズ(約):
縦12×横17×高さ3cm

節分チョコバナナクレープ

節分チョコバナナクレープ

人気の王道の組合せはチョコとバナナ!

虎柄をイメージしたクレープでかわいいですね!

バニラ風味のホイップクリームとカスタードクリームを巻いています。

●商品サイズ(約):
縦6.5×横15.5×高さ4cm

節分もちとろ さつまいも棒

節分もちとろ さつまいも棒

鬼の金棒に見立てたさつまいもホイップ入りのクリーム大福

柔らかくふわっとしたお餅で、口溶けの良いなめらかなさつまいもホイップを包んでいます。

節分の鬼の「金棒」に見立てた可愛らしいパッケージが人気です。

●商品サイズ(約):
縦 17.5cm ×横 8 cm ×高さ 3.5cm

節分ミニ豆大福

節分ミニ豆大福

もち・あんこ・赤えんどう豆にこだわった定番和菓子「豆大福」の3個入り!

米の品種にこだわり、工場で蒸してついたコシのある「もち生地」に、北海道産十勝産小豆を使用した上品な甘さの「あんこ」は絶品です。

くどくなく、もうひとつ食べたくなる大福なんです。

節分向けに「枡」に見立てたパッケージ入り!

●商品サイズ(約):
縦 7 cm ×横 23 cm ×高さ 3 cm

セブンイレブン節分2018ケーキと豆大福の予約方法は?

セブンイレブンの予約方法は、ローソン、ファミマと比べるとインターネット予約ができて、宅配もできるので便利です。

予約はネットで、引取は店頭か自宅か選べます。

ちなみに、ローソンやファミマは店頭申込のみでネット予約や注文はできません。

<インターネットでのご予約方法>

「セブンミール」サイトから注文をします。

※注文には事前の会員登録が必要です。

予約締切:
1月27日(土)10:30まで

セブンイレブンの公式サイトの「恵方巻き」「甘味」にアクセス

<店頭のご予約方法>

ご予約締切日:
2018年1月27日(土)まで

商品受取日:
2018年2月1日(木)~2月3日(土)まで

(1)店頭レジで、店員に予約する旨を伝えます。
(2)「ご予約申込書」を受け取り、記入します。

<店頭で受取方法>

商品受取予定日に、申し込んだセブンイレブンで、「お客様控」を店員に渡して商品を受け取ります。

セブンイレブン2018の節分ケーキや豆大福の評判口コミは?

コンビニでも毎年多くの節分スイーツが発売されます。

お値段も手頃で、コンビニそれぞれの定番スイーツもあります。

独自の調査で、ローソンやファミマと比べてセブンイレブンは子供が好きなキャラクターとのコラボもなければ、丸かぶりのロールケーキもなく、

味で勝負しているイメージがあります。

さて、実際にどうなのか昨年の街の声を聞いてみましょう!!

コンビニといえども侮ってはいけませんね。

なかなか美味しいと評判でした。



Sponsored Link



まとめ

いかがでしたか?

毎年多くのコンビニスイーツ、節分スイーツが出回る中、丸かぶりの節分ロール、恵方ロールを発売しないところがセブンさんの戦略です。

近年、節分の恵方巻きの大量処分が問題視されていますから、そういった面では賢い販売スタイルだと思います。

昨年との違いといえば、金棒ケーキがチョコからさつまいもに変わり、塩大福が塩がなくなり大福になっています。

毎年ユーザーのニーズを掴み、他のコンビニと差をつけるのは厳しい戦いですが、そもそも節分スイーツブームや恵方巻き丸かぶりの習慣もいつまで続くのか疑問です。

スーパーに山のように積まれている恵方巻きをみると悲しい気持ちにすらなってしまう風潮が無視できませんが、家族での節分イベントは日本人として続けていきたい風習です。

幼い子供がいる家庭では、積極的に楽しんでほしいですね!

それでは、2018年のイベントを楽しみましょう!



Sponsored Link