「六義園のライトアップ」の2017年秋の開催が発表になりました!

東京都内有数の紅葉の名所である六義園(りくぎえん)では、今年の秋、「紅葉と大名庭園のライトアップ」を楽しむことができます。

六義園といえば、つつじや桜も有名ですが、私は秋の「六義園のライトアップ」が断然おすすめです!

夏の暑さや夏のにぎやかさが通り過ぎたころ、心と体がほっと休まるような、それでいて五感すべてが湧きたつような感覚を夕景を眺めながら時間を過ごすことができますよ。

また、日本庭園のすばらしさはもちろん、雅な貴族が紅葉を愛でていた時代へタイムスリップしたかのような世界観を堪能できる庭園のすばらしさは必見です!

秋の夜に朱色や黄金色に色づく木々が浮かび上がり、水面にまばゆく映し出される様子をお楽しみいただけます。
幻想的な姿を見せる六義園で、落ち着いた秋の佇まいと艶やかな紅葉をお楽しみください!

と東京都公園協会のサイトに紹介してあります。

想像するだけでわくわくしませんか?

しかしながら、六義園の紅葉のライトアップは大変人気の為、シーズン中は混雑が予想されます・・・。

せっかく足を運んで紅葉を楽しみに行くのですから、見頃の季節や混雑などは事前に知っておきたいものです。

六義園の紅葉ライトアップを残念なものにしないための情報をまとめてご紹介させていただきましょう!

Sponsored Link


六義園のライトアップ2017の期間と見頃の時間は?

さて、人気の庭園ですから、花や紅葉が見頃の時期は観光客も多く訪れます。

計画的に事前に調べてから訪れましょう!

期間 平成29年11月18日(土)~12月6日(水) 
時間 日没(開園は9時)~21時(最終入園は20時30分)

ライトアップの時期は開園時間を延長して「21時」までとなります。

期間中は、駒込駅から近い染井門も開門するようですよ。

幻想的な夜の紅葉を楽しめるのはたった20日ほどの期間限定です。

紅葉の見ごろは地域によっても植物の品種や庭園の作りによっても異なりますので、遠方から来る方は、六義園の見ごろの時期やライトアップの時期はしっかり見逃さないようにしましょう!

六義園のライトアップ2017 人気の理由は?

せっかくですから「六義園」がなぜ人気なのかを知っておけば、当日の混雑を目の当たりにしても納得がいくかしれませんよね。

六義園は、ご存じのとおり、紅葉で有名ですが、つつじや桜の名所として、紅葉以外でも大変人気の観光スポットなんです。

広さも一周するにはちょうどよい広さで、紅葉の時期は、モミジ、イチョウ、ハゼノキなどの色鮮やかな紅葉を観賞しながら散策できます。

庭内には様々な見どころがあり、その場所、その場所の雰囲気や眺めによって楽しみ方もいろいろ。

ゆっくりお散歩して歩き疲れたら、園内3か所あるお茶屋さんで休憩しながら、遠い歴史を語るのもいいかもしれません。

国の特別名勝でもありますので、外国からの観光客も多く、美しい日本文化をや歴史を味わえる有名な庭園の一つともなっています。

六義園の歴史

六義園は、元禄8年(1695年)、江戸時代の五代将軍・徳川綱吉が柳澤吉保(元禄時代に幕政を主導した人物)に与えた土地で、吉保自らが7年かけて「回遊式築山泉水庭園」(園内を回遊して鑑賞する庭園)を造ったといわれています

六代将軍家宣や、八代将軍吉宗も、六義園を度々訪れたとか。

明治時代には、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)が所有して庭の整備がされたことや、東京大空襲で運よく被害から免れたことで、当時そのままの美しい面影を今に残しています。

その昔、時の権力者たちが愛でたであろうきらびやかな庭園の風景がそのまま残っているなんてとても魅了的ですね〜。

秋まで待てない気分になりますね。

六義園のライトアップ2017の混雑予想と回避方法

ライトアップの時期は、16時半以降は、安全のために立ち入りを制限する区域があることから、大変混雑することが予想されます。

何時間も並ぶのは疲れますよね。

裏技的になりますが、混雑や行列を少しでも回避できる方法を調べてみましたのでご参考にしてください。

一番混雑がひどい時間帯は、おそらく、「18時〜19時半ごろ」と予想されます。

もちろん週末や祝日はさらに混雑するでしょう。

混雑を避けるためには、相当早めに16時台に入ってしまってゆっくりライトアップを待つか、

もしくは、人が少なくなる20時過ぎを狙いましょう。

ですが、遠方からの観光であれば、時間的に厳しいものがあるかもしれません。

そんな方には、事前に入場チケットを買っておくことをおすすめします。

混雑の理由は「入場チケットの購入」ですので、要は、事前に買っておけば、並ぶ必要がなくなります。

ただし、チケットは現地でないと購入できませんので、早めに行ってチケットを買って、観光やランチなどで時間をつぶして夕方まで時間を調整する必要があります。

もう一つは、駒込駅から近い「染井門」を利用せず、少し遠回りですが、8分くらい先の「正門」で並んでください。

例年「正門」の方が列が少ないそうですのでおすすめです。

六義園のライトアップ2017の行き方〜アクセス〜

アクセスはコチラになります。

所在地:東京都文京区本駒込6丁目
JR山手線または地下鉄(東京メトロ)南北線の駒込駅より徒歩7分。
繁忙期には駅正面の染井門が開かれる。
都営地下鉄三田線の千石駅より徒歩10分。
駐車場:なし。

駒込駅からの地図はこちら
(クリックするとグーグルマップが開きます)

六義園まで

駅から正面に位置する「染井門」が混雑している場合は、迷わず向かって左側へ。公園に沿うように正門まで歩く(7〜8分)。

混雑期は、正門は染井門よりも空いているので、早く入園できると予想されます。

Sponsored Link


六義園のライトアップ2017のまとめ

いかがでしたか?一日も早くライトアップの時期が来ることが楽しみになりましたか?

一人で散策するのもよし、お友達や家族はもちろん、夕景デートなんてロマンチックですよね。

紅葉がキレイでも広すぎる庭園だと疲れますし、小さすぎると物足りなさを感じますが、こちらの六義園はそんなことはありませんので安心です。

また、時期的に寒いことが予想されますので、防寒着はお忘れなく!

この秋の紅葉狩りは「六義園のライトアップ」で決まりですね!

Sponsored Link