2018年1月7日夜10時から日本テレビ系で放送されるドラマ『トドメの接吻(キス)』がスタートします。

主人公はあの山崎堅人さん!

「キスをされると男は死ぬ。そして7日前に甦り生き返る。」

タイトルからとても面白そうなドラマなのがうかがえますね!

ところで、山崎堅人さん演じる主人公「堂島旺太郎」の謎めいた幼少期を演じる子役をご存じですか?

実は数々の出演をこなすスゴイ男の子なんですよ!

なんと台本覚えがとても早いらしく、1回また2回読めば覚えてしまうとか。

ではこの子役の「大西利空」(おおにしりく)くんの経歴(プロフィール)や出演作品、小学校から両親の情報などまとめていきたいと思います。



Sponsored Link



ドラマ『トドメの接吻(キス)』あらすじ

では、まず簡単に「あらすじ」です。

主人公は金と権力を愛し、女をもてあそぶホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホスト・旺太郎(おうたろう)。

イケメンで気配り上手の優しい男だが、裏の顔は「欲しいのは愛なんかじゃない、カネと権力」と愛が歪んだ“クズ男”。

そんな彼の前に日本企業のトップ、個人資産100億とも言われる『ホテル王・並樹グループ』社長令嬢「並樹美尊」が現れます。

そして旺太郎は、美尊を新たなターゲットと見定め彼女に迫ります。

しかし、そんな旺太郎の前に突如現れた“青白い顔”に“真っ赤な唇”の女が立ちはだかりストーリーは急展開を始めます。

そして彼女にキスされた旺太郎は、呼吸困難の後に全身痙攣、異常な動悸!その果てに死んでしまいます。

まさに「死の接吻」。

その後、旺太郎は見覚えのある7日前に目を覚まします。

タイムリープした旺太郎は、どこまでも追いかけてくる女のキスにより、何度となく死とタイムリープを繰り返すことになる、という謎の多いストーリーとなっています。

『トドメの接吻(キス)』子役の大西利空の経歴がすごい!

とても謎の多いドラマとなっていますが、旺太郎の幼少期を演じる子役の話題で癒されましょう!

さて、大西利空くんですが、主人公「旺太郎」の暗い過去のシーンで登場する予定です。

子役の大西利空くんの経歴(プロフィール)

◆大西 利空(おおにし りく)

◆生年月日
2006年5月16日(11歳)

◆出生地
東京都

◆身長
145 センチメートル

◆特技
野球

◆職業
子役

◆活動期間
2011年~

◆事務所
テアトルアカデミー

現在、小学校5年生なんですね。

背が高く見えるのでもっと大きいのかと思っていました。

特技は野球。巨人のファンだそですよ!

英語教室にはハリウッドスターを目指して通っているそうです。

どうやら将棋も好きなんですね~

最近は将棋の話題も多いですから、さらなる役の幅が広がりそうです。

↑こちらは利空くんのサイン♪♪♪

かわいい~!

子役の大西利空くんの出演作品は?

さて、子役ながらに利空くんの出演作品が凄すぎるんです!!

とりあえず順を追ってご紹介しますね!

子役の大西利空くんの出演のドラマは?

利空くんは赤ちゃんタレント出身ではなさそうですね。

いやいやそれにしても経歴がスゴ過ぎて・・・

将来どういった方向に進むのか今から楽しみですね!!

<テレビドラマの出演>

2011年
●ドン★キホーテ 第9話(日本テレビ) – 村松亮太 役



2012年
●相棒 Season10 第19話(テレビ朝日)
●刑事・道原伝吉の事件簿(テレビ東京) – 川尻(幼少)役
●家族のうた 第7話(フジテレビ) – 根本たける役
●花の冠(テレビ朝日) – 桜 役
●ゴーイング マイ ホーム(関西テレビ・フジテレビ) – 下島大地 役


2年目で「相棒」に出演なんてエリートですね~

2013年
●白衣のなみだ 第一部 余命(東海テレビ) – 田中友幸 役
●空飛ぶ広報室 第1話(TBS)
●潜入探偵トカゲ 第6話(TBS) – 川野竜一 役
●明日の光をつかめ -2013 夏-(フジテレビ)
●秩父SL・3月23日の証言(テレビ朝日) – 少年 役
●半沢直樹 第1話(TBS) – 近藤洋弼 役
●なるようになるさ。(TBS) – 千葉誠 役


このあたりから売れっ子子役として大ブレイクでしょうか。
TBS系が多いです。
どれも知名度の高いドラマばかりですね!


2014年
●なるようになるさ。シーズン2(TBS) – 千葉誠 役
●ホテルGメン具志堅陽子の殺人推理2(テレビ東京)
●罪人の嘘(WOWOW) – 笠原卓也(幼少期)役
●ディアシスター(フジテレビ) – 政虎(8歳)役
2015年
●大使閣下の料理人(フジテレビ) – 大沢公(幼少)役
●美女と男子(NHK) – 沢渡一臣 役
●サマー・ストーカーズ・ブルース(フジテレビ)


2014年から2015年は年齢からして役の幅が大きく広がった頃です。
才能開花という感じでしょうか。

2016年
●悪党たちは千里を走る(TBS) – 渋井巧 役

●念力家族(NHK Eテレ) – 阿武隈川ショパン 役
●そして、誰もいなくなった 第9話(日本テレビ) – 藤堂新一(少年期)役



●視聴率の良い番組にも出演しています。

2017年
●陽炎の辻 完結編 ~居眠り磐音 江戸双紙~(NHK) – 空也 役
●北斗 -ある殺人者の回心- (WOWOW) – 端爪北斗(幼少期)役

●ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~ 情けは人の…(フジテレビ) – 塚原昌彦 役

●ボク、運命の人です。 第3話(日本テレビ) – 伊藤 役

●アキラとあきら (WOWOW) – 彬(幼少期)役

●ブランケット・キャッツ 第6・7話(NHK) – 小宮山サトル 役

●全力失踪 第6話(NHK)-木場瞬 役



2017年は出演作品も多く、とても忙しくなってきたことが伺えます。

子役の大西利空くんの出演のドラマは?

利空君は映画も多数出演しています。

忙しい子役さんですね~

2013年9月
●Miss ZOMBIE
寺本健一 役

2014年8月1日
●ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY
鴨川鉄壁 役

2015年2月
●悼む人
静人(幼少期)役

2016年10月
●金メダル男
秋田泉一(幼少期)役

2016年11月
●ぼくのおじさん
春山雪男 役

こちらの映画には、利空くんのおじいちゃん、おばあちゃんと共演されていたようですよ!

2017年1月
●イタズラなKiss THE MOVIE Part2 キャンパス編
木村伸宏 役

2017年3月
●3月のライオン 前編・後編
桐山零(幼少期)役

2017年3月
●仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
霧野エイト 役

子役の大西利空くんのCMは?

●ハシモト「フィットちゃんランドセル」
●「an×進撃の巨人 応募せよ、親戚の巨人篇」
●キッコーマン「うちのごはん」
●「USJ」
●トヨタ自動車「VOXY」

●SUZUKI SPACIA TVCM「納車のワクワク」篇

●タカラトミー「アニマルアドベンチャー」
●花王「ビオレu」
●「Play-Doh」
●明治「グルト!」
●ユニクロ「ステテコ&リラコ」
●「Norton」
●メガハウス「tap me」
●セブンイレブン「仮面ライダースタンプラリー」
●ジョンソン「グレード」
●「YKK AP」



Sponsored Link



『トドメの接吻(キス)』子役の大西利空の小学校や両親は?

情報を調べましたが、なかなか小学校の詳しい情報は見つかりませんでした。

ただ、5歳の頃、未就学児のころから芸能界のお仕事をスタートされたということで、おそらく東京近郊か、もしくはアクセスのよりところに住んでいる可能性が高いです。

テアトルアカデミー所在地:
東京都新宿区下落合3-14-16

のあたりか・・・

事務所は「鈴木福」くんなど売れっ子子役が勢揃いの事務所ですから、この事務所から近い場所に住居を構えているのかもしれませんね。

どちらにせよ、関東(東京にアクセスのよい神奈川、千葉)か都内の小学校に通っているのだと思われます。

多忙な小学生ですから、通いやすくてお休みしやすい校風、理解のある職員のいる小学校なのではないでしょうか。

ご両親についてですが、

こちらについても一般人ということで情報はありません。

(わかり次第更新します)

ただ、大西利空くんの祖父母が「ぼくのおじさん」に出演されているんですよ!

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒なんて利空くんいい思い出になったでしょうね♪

きっと現場では家族で参加ムードだったんでしょうか。

立ち回りが上手なご両親が目に浮かびます。

推測ですが、親が芸能人でない場合は、親の芸能界へのあこがれがきっかけという場合が多いと思われます。

5歳という小さい頃にタレント事務所に入るわけですから、おそらくご両親の意向でこの道に進まれたのでしょう。

とすると、都内に住む一般家庭かもしくは生活水準の少し高めのお宅ではないかと推測します。

また、事務所への通勤、仕事の移動などはお母様が付き添っていいるならば、専業主婦家庭ですので、お父様も安定した職業についている幸せなご一家ではないかと思います。

(推測ですみません・・・)

まとめ

いかがでしたか。

今回の岡田利空くんですが、11歳ということで、子役というよりは「俳優」への道が拓けている実力派ですね。

イメージとしては、顔つきや雰囲気から神木隆之介さんのイメージと重なります。

神木さんのような日本を代表する俳優へ大きく成長していかれると期待しています。

それにしても出演作品が多く、露出が多い子役さんです。

今後もあちこちで出会うことは間違いないでしょう。

ハリウッド俳優を目指しているという夢もかなうかな?

もしその夢に向けて一直線なら日本からいつか飛び出して行ってしまうのかもしれません。

そして将来また日本に帰ってきて活躍してほしいと思います。



Sponsored Link