ソチ五輪金メダリスト、世界王者の羽生結弦(22)が、11月9日のNHK杯前日公式練習中に転倒。右足首と右ひざを負傷し、「右足関節外側じん帯の損傷」で欠場が決まりました。

原因は、4回転ルッツに挑んだ際に着氷に失敗し転倒ししたため。

羽生選手はやむを得ない欠場に悔し涙を流したとの報道もありました。

とても衝撃的で残念なニュースですね。

羽生選手は苦渋の決断に涙したとも・・・

5連覇が懸かっていたシリーズ上位6人で争うGPファイナル(12月7~9日・名古屋)進出も今回の怪我で絶望的となってしまいました。

12月にはまだ全日本選手権、さらには来年2月には平昌(ピョンチャン)オリンピックも控えています。

今後どうなるのか情報をまとめてみました。

Sponsored Link



羽生結弦NHK杯の怪我は全治どのくらい?復帰は?

心配される、羽生選手の治療と復帰についてです。

まずは、どういった状況でケガをしたのか確認してみましょう。

NHK杯前日練習での怪我した瞬間の動画です。

ジャンプの着地での曲がった足がなんとも痛々しい・・・

羽生選手からのコメントです。

「皆さまご心配をおかけしました。NHK杯出場を目指し昨夜から先生方に懸命な治療を頂きましたが、残念ながら医師の最終判断で欠場することになりました。今後、治療に専念し、全日本に向けて頑張ります。たくさんの応援ありがとうございます」

勇気ある決断でしたね。

気丈に振る舞う姿に感動します。

今後の為にしっかり治療に専念してほしいですね。

5連覇のかかる12月のGPファイナル(名古屋)の欠場はほぼ決定といえますが、

同月12月下旬の全日本選手権(20~24日、東京・調布市)に照準を合わせて動いていると発表していることから、

ケガの症状的には全治3週間程度といったところでしょうか。
(わかり次第更新予定)

「軽度で3週間、重度で8週間」という報道が流れていただけに、軽度の症状だとわかりほっとしましたね。

一日も早い復帰を祈るばかりです。

最大の目標は平昌五輪

だからこそ、今はしっかりと治療とリハビリに専念してもらいたい・・・

羽生選手の精神力とプロのアスリート魂で乗り越えてほしいものです。

羽生結弦が怪我で全日本選手権の出場は?

羽生選手のコメントにもあったように、12月20日~24日の全日本選手権に照準を合わすとの事。

この、「関節外側靱帯損傷」ですが、一般的に軽度なら全治3週間と診断されることが多いそうですが、重度の場合、前脛腓靭帯を損傷していたら、復帰は4~8週と診断されるケースもあるということです。

とすると、医師の診断の結果出した羽生選手のコメントからすると、比較的「軽度」の症状だったとも取れます。

治療が今後うまく進んだ場合、復帰は試合直前12月初旬となるのは間違いなさそうです。
(詳細わかり次第更新予定)

あれあれ?

昨年の全日本はインフルエンザで欠場しませんでしたっけ?

全日本選手権出場には特別な思いがあるかもしれませんね。

何はともあれ、出場予定がそのままで安心しています。

Sponsored Link



羽生結弦の怪我によるオリンピックへの影響は?

3か月後のオリンピックへの影響はあるのでしょうか。

負傷したところが、靭帯なだけに、今後の選手生命に関わるかもしれない深刻な事態です。

ここで問題なのが、右足の怪我は初めてではない事。

昨年のグランプリシリーズロシア杯でも同じところを痛めていました。

無理をして全日本に出れば、さらに復帰は遅れると予想します。

靭帯はやっかいです・・・リハビリも非常に過酷だと思われます。

右足間接外側靭帯損傷ですので、一般的には「捻挫」という認識ではありますが、羽生選手はプロのスポーツ選手ですので、選手生活を続ける限り、再発なども危険もありますよね。

今後のオリンピックに向けて羽生選手のメンタルもとても心配です。

(具体的な治療法などわかりましたら更新予定です。)

<平昌(ピョンチャン)オリンピックの日程>

開催日程:2018年2月9日~25日

全治早くて3週間とすると、何もなければオリンピック出場に問題はなさそうです。

ただ、その前にある全日本選手権で絶対怪我は許されないということですね!

もし怪我をしてしまえば・・・

考えたくありませんが、この「ケガをしてはいけない」というプレッシャーやけがをしてしまうトラウマに打ち勝たなければならないことが最大の困難ではないでしょうか。

まさしく驚異的な精神力が必要・・・かと。

万全の態勢で臨んでほしいですね!

ではあの素晴らしい演技をもう一度!

陰陽師 「SEIMEI」をご覧ください。


新しい「SEIMEI」見たかったなぁ~~!!

まとめ

いかがでしたか。

今回の怪我の影響で、

NHK杯欠場
 ↓
ファイナルシリーズ欠場
 ↓
全日本選手権 出場予定
 ↓
ピョンチャンオリンピック出場予定

という流れになります。

羽生選手の演技がしばらく見れないことが悲しいですが、オリンピックという晴れ舞台で表彰台に乗る彼の姿を想像しておきます!

復帰までの道のりは相当過酷な道だと思われます。

プレッシャーに負けず、本番では彼本来の力を存分に発揮していただきたい・・・それだけが望みですね。

オリンピックまであと3か月!

羽生選手の他にも日本には有力選手の層が厚い!

男子も女子も来年へ向けて頑張ってほしいですね

それでは次回更新では朗報をお伝えできますように・・・



Sponsored Link