御朱印帳の認知度が高まっている今、せっかくですから正しい御朱印帳の使い方も知っておきましょう。

御朱印帳を通販で購入する人、可愛くておしゃれな御朱印帳をお店で見つけた人、そして神社やお寺にお参りに行ってお気に入りの御朱印帳を入手した人などなど・・・御朱印帳を購入する手段は様々です。

ですが、なぜか御朱印帳には説明書のようなものが付いてきません。

今回は、その中でも疑問が多い「御朱印帳に名前を書く必要があるのかどうか」、「名前を書くとしたらどこに書くのか」を調査します。

最近は神社やお寺でいただく御朱印帳にも名前シールが入っていてその使い方がわからない人もいるのだとか。

御朱印帳を使う前に、わからない事は早めに解決しておきましょう!

他にも御朱印帳について記事を書いています。

御朱印帳の使い方|蛇腹の裏側も使う?墨や印の滲み防止と注意点

御朱印帳の使い方|1ページ目や書き始めは?最初は伊勢神宮用に空けるべきか

御朱印帳の使い方|神社とお寺を分ける場合のメリットと注意点

御朱印帳の使い方|最後のページはどこ?終わった後の正しい保管方法

御朱印とは何か|ご利益や効果は?貰い方や値段も徹底解説!

■「御朱印帳」に関連した人気の記事はこちら
日枝神社の限定御朱印帳「天皇陛下御即位記念」入荷時期や値段(画像付)

伊勢神宮の御朱印帳の限定版|新元号や即位記念など祭典行事や正月も調査

⇒方に鎌倉七福神巡り御朱印帳や色紙の値段と画像|購入場所おすすめ








御朱印帳の使い方|名前を書いたほうがいい?







表紙に「御朱印帳」と書く

まず、一つは表紙の表表紙の「短冊」のような長細い白いシールの部分です。

通販や市販で購入した場合に多く、「御朱印帳」となぜか書いていないパターンの御朱印帳です。

なぜは白紙なのでしょうか。

その答えは、「他にも用途があるから」です。

例えば・・・

・覚書帳
・過去帳
・遺言帳
・御芳名帳
・記念録帳
・旅友帳
・夢書帳



などなど。

「御朱印帳」はその中の1つですね。

そのため、「御朱印帳」として使う方はここに「御朱印帳」と書く必要があります。

空欄のままでは不自然ですからね。

御朱印帳の所有者名(名前)を書く

御朱印帳は神社やお寺で記帳をお願いする際に、寺社の書き方によってさまざまなパターンがあります。

(1)御朱印を目の前で書いていただくパターン

(2)御朱印帳を預け、仕上がりまでの待ち時間があるパターン

(1)の場合は目の前に御朱印帳がありますので、なくなる事はないですが、

(2)の場合は、寺社も多くの御朱印帳を預かるため、混雑時などは稀に迷子になる可能性があります。

ちなみに管理人は初めての御朱印デビューの際に某有名神社で御朱印帳が迷子になり30分以上も待ったことがあります。

「名前を書く」という認識がなかったため、なぜ名前を書かなかったのか後悔した経験があります。

この事から、所有者の名前を書くか書かないかは今のご時世個人の自由ですが、

待っても待っても御朱印帳の番号が呼び出されない状況と、尋ねても見つからない不安を経験すると、

「名前は必ず必要だ」と思います。

御朱印帳の使い方|表表紙(短冊)の書き方



さて、まずは、表表紙の白い短冊に「御朱印帳」とどうやって書くかです。

「御朱印帳」と表紙に書く方法

方法としては

(1)自分で書く
(2)神社やお寺の書き手さんにお願いできるか聞く
(3)付属のシールを張る



の3パターンでしょうか。

自分で「御朱印帳」と書く

(3)の専用シールがある場合はこちらを利用して構いません。

(1)の自分で書く、ですが、こちらが問題なくできると一番手間がありません。

ただし、ボールペンや鉛筆で書くわけにもいかず、かといって自分で筆ペンや墨書で書ける人は限られます。

何よりも、新品のお気に入りの御朱印帳ですから「きれいに書きたい」と思うのは当然でしょう。

どうしても自分で書く、誰かに書いてもらう、という選択肢が選べない場合は、(2)の神社やお寺に相談してみるのも方法だそうです。

神社やお寺の書き手さんにお願いできるか尋ねる

どうしても自分で書けないという場合は、神社やお寺に相談してみましょう。

快く引き受けてくださるという方でしたらお願いしてみましょう。

管理人は御朱印デビューの際、どうしたらよいかわからず、思い切って社務所に相談しました。

断られることはなく引き受けてくださいました。(上の写真)

ただし、どこでもお願いすることができるという訳ではありません。

寺社によって、もしくは書き手さんによってはお断りされる場合もあるようですから要注意です。

まずは、「書いてもらって当然」と思わず、相談してみましょう。

引き受けてくださった場合は、きちんとお礼を言うのを忘れずに。

御朱印帳の書き方|名前の(シールを貼る)場所

名前を書く場所です。

名前とは「所有者の名前」です。

住所電話番号名前と並べて書く人もいます。
(なくなった場合は、見つかる可能性が高くなります。)

付属の名前シールには、この「名前」「住所」「電話番号」を書くような仕様になっています。

名前を書く場所

調査の結果、以下の御朱印に使わない場所に名前を書く方が多いようです。

(1)表表紙の裏の右下
(2)裏表紙の裏の左下
(3)表紙の「御朱印帳」の横



迷う方はこちらも参考にお読みください。

御朱印帳の使い方|蛇腹の裏側も使う?墨や印の滲み防止と注意点

御朱印帳の使い方|1ページ目や書き始めは?最初は伊勢神宮用に空けるべきか

名前を書く目的は、「所有者を明記する」ということの他に「迷子になったり紛失した時に見つけやすくする」こともあります。

そのため、社務所の方が名前を探しやすい場所にしておきましょう。

名前は筆書でなくても良い?

本来なら筆書で書くのが一番よいのでしょうが、無理な場合はボールペンなどでも構いません。

できるだけ丁寧に書き、何よりも読める字を書きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

表の表紙の白い短冊へ「御朱印帳」と各方法や、所有者の名前を書く方法や明記する場所について理解できたでしょうか。

御朱印帳はただの帳面のようで、その用途やデザイン、書き方など意外と奥深いものです。

知ってて得する情報を今後も更新予定です。

お楽しみに。



Sponsored Link