特に、御朱印巡りをこれから始められる方へ、わかるようでわからない「御朱印帳」の使い方をまとめます。

多くの人が使っている「蛇腹式」の御朱印帳ですが、この不思議な形の帳面にいろいろ疑問を持たれている方も多くいます。



蛇腹式の御朱印帳の多くは、市販のものも神社やお寺でいただく御朱印帳もアコーディオンのような形となっています。

この特に「片面のみ使うか両面を使うか」「裏面(裏側)を使うとどうなるか」について今回は調査しました。

他にも「御朱印帳の使い方」について記事を書いています。

御朱印帳の使い方|1ページ目や書き始めは?最初は伊勢神宮用に空けるべきか

御朱印帳の使い方|神社とお寺を分ける場合のメリットと注意点

御朱印帳の使い方|表紙や名前の書き方とシールを貼る場所は?

御朱印帳の使い方|最後のページはどこ?終わった後の正しい保管方法

御朱印とは何か|ご利益や効果は?貰い方や値段も徹底解説!

■「御朱印帳」に関連した人気の記事はこちら
日枝神社の限定御朱印帳「天皇陛下御即位記念」入荷時期や値段(画像付)

伊勢神宮の御朱印帳の限定版|新元号や即位記念など祭典行事や正月も調査

⇒方に鎌倉七福神巡り御朱印帳や色紙の値段と画像|購入場所おすすめ








御朱印帳の使い方|蛇腹式のルールは両面か片面か






さて多くの方がお持ちになっている「蛇腹式」の御朱印帳を中心に解説していきます。

まず最初に御朱印帳を手に取った時に感じる「これどうやって使うの?」という疑問です。

検索してみると、「両面使う(裏側も使う)」「片面のみ使う」などなど・・・賛否両論で何が正しいのかわかりません。

いろいろ調査すると、御朱印帳を両面使うか片面のみ使うかについて「確かなルールや作法はない」ということです。

つまり、御朱印帳の使い方は、正式な使い方があるわけではなく、「個人の好み」によることがほとんどのようです。



ただし、それでもお悩みの方のために、以下をご参考にどうぞ。

「両面」のメリット

両面(表も裏も)を使う場合の利点をあげてみました。

・一冊に御朱印をたくさん納められる

・達成感がある

・御朱印帳の数が少なくて済む(収納に便利)

・専門書には「本来は両面」とあるらしい

・経済的



「両面」のデメリット

反面、欠点や短所はこちらとなります。

・裏面の表の面のにじみ(裏写り)が気になる

・表の面の御朱印に滲んだ時のショックが大きい

・カバーを付けると裏面は見づらい

・掛軸・額・屛風にすると裏は見えない

・社寺で注意を受ける場合もある(かなり稀)

・書き手さんが書きづらい心配がある

・裏は寺社に失礼だと感じてお願いしにくい



最近はカラフルな御朱印や2面以上使用する絵画のような御朱印など人気です。

場合によっては2ページ以上使う場合もあります。

その場合はカラーがにじんだりはみ出たりする場合も多くなります。

「片面」のメリット

・にじみや裏写りの心配無用

・御朱印帳を見返すときに見やすい

・寺社に注意を受ける心配はゼロ

・あらゆる面で無難

・御朱印帳を買う楽しみがある



両面を使った場合の心配事はほとんどなくなりますね。

「片面」のデメリット

・御朱印帳にお金がかかる

・御朱印帳が増えて収納に困る




など。

他にも御朱印帳の「最初のページはどこ?」「1ページ目とはどこのこと?」と迷っておられる方も多いようです。

御朱印帳の使い方|1ページ目や書き始めは?最初は伊勢神宮用に空けるべきか

御朱印巡りで神社とお寺の御朱印を一冊に一緒に使うのか、御朱印帳を分けて使うのかわからない方へこちらもどうぞ。

御朱印帳の使い方|神社とお寺を分ける場合のメリットと注意点



御朱印帳の使い方|裏面(裏側)最初のページは右か左か



表の面が終了し、裏面を使い始める場合の疑問です。

裏面は、裏表紙を「右」に開きます。

両面白の面の「左側を1ページ目」にするのがおすすめです。

裏表紙の裏側は堅い場合が多く、御朱印を書くには向いていない気がします。

むしろ、裏表紙の裏側は自分の「名前」を書く場所にぴったりです。

もし、ご自分の名前の横に御朱印を並べるのに違和感を感じるのであれば、「次のページ」がよろしいかもしれません。
(決まりはないため)

また、御朱印帳の裏側の全ページを見返してみて、にじみや裏写り、汚れが多くのページで気になる場合は、「新しい御朱印帳」を入手することも検討しましょう。



御朱印帳の使い方|裏面の滲み防止策



裏側ににじみがある場所に御朱印をお願いするのは、書き手さんをはじめ、神社の神様やお寺の仏様へ失礼ですので、避けましょう。

裏側(裏面)へのにじみを予め防ぐ方法もあります。

蛇腹の表の面と裏の面の間の袋状になっているところに「1枚の紙(半紙など)を挟んでおく」とよいです。

下敷きをイメージすると良いかもしれません。

つまり、紙をはさんだ状態で御朱印をいただけば裏写りやにじみもかなり防ぐことができます。

御朱印帳の使い方|裏面の滲み防止の注意点



裏面へのにじみを防止策があるのがわかりましたが、注意も必要です。

下敷きのように1枚紙を挟んでおくとよい、のですが、混み合っている神社となると、個人の希望通りにはいかない場合もあります。

たくさんの御朱印帳を扱うため、「御朱印を書く場所の指定」以外に「にじみ対策に紙を挟む」という手間をかけてくださるか疑問です。

注意点をまとめると、

・下敷き用の紙を挟むことを頼めるかどうか

・混雑時にも対応してもらえるか

・墨書ならではのにじみの風合いが出せなくなるかも

・書き手さんの「書」を制限してしまう

・下敷きによる表面の段差で書きにくくなる

・御朱印のデザインによっては下敷きが邪魔になる

・下敷きをしても完全ににじみは防げない




などなど・・・

特に初めて行く神社は、社務所の様子がわからず不安です。

直接お尋ねしてみるのが一番ですが、混雑している場合は、1人1人の要望に応えてくださるかわかりませんので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

御朱印帳の使い方は調べれば調べるほど、「個人の常識が問われる」と改めて考えさせられます。

とはいえ、たくさんの方が、神社やお寺に親しみを感じ足を運ぶことは大変喜ばしいことです。

なるべく敷居を低くしながらも高い格式のある神聖な場所として今後もあり続けていただきたいと思います。

御朱印帳は蛇腹式が多く、一般的です。

片面を全部使った後は、「新しく御朱印帳を入手」するか「裏面を使う」かは個人の判断となります。

明確なルールや正式な作法は確認できませんでした。

いろいろな方の見解もあり、結局は「自分がよいと思う使い方」を選べばよい事がわかります。

結局、調べてみてわかったのは、神様仏様や書き手さんへの思いやりや気遣いも大事ということです。

御朱印集めを重視し過ぎて、何が大切なのか、神社やお寺がどういう場所なのかを見失わないようにしょう。

常に静かにご自分の心と向き合いながら、御朱印集めをお楽しみください。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link