「東京のお伊勢さま」と言えば「東京大神宮」でしょう。

令和の時代を迎え、皇室ゆかりの神社では今や御朱印ブームがまた盛り上がっているようです。

東京大神宮



実際に5月1日の令和元年初日に東京大神宮へ参拝に訪れましたが、大混雑で長い行列ができていました。

新しい時代に参拝しに来た人の中にはおそらく新天皇の御即位の奉祝で「限定御朱印」が目当てだった人も多かったのではないかと思います。

そこで、東京大神宮に令和元年限定の記念御朱印や天皇即位記念の御朱印が頒布されるかどうか、そして、限定の記念御朱印を授与していただける期間がいつまでなのかなど、普段の御朱印との違いも調査したいと思います。

東京大神宮について他にも記事を書いています。
よろしければどうぞ。

有名神社の令和元年の御朱印の関連記事はこちら

即位の礼の特別限定御朱印|皇室ゆかりの神社とお寺巡り|時間や混雑状況

【東京】天皇御即位記念の限定御朱印|お寺と神社の授与期間や値段

天皇御即位記念の限定御朱印(帳)お寺と神社【関東】の期間や値段

令和元年の限定御朱印のある「関西」のお寺と神社の期間|値段や時間も

令和元年の限定御朱印のある「関東」のお寺と神社|期間や受付時間

明治神宮御朱印の限定|天皇御即位記念や令和元年初日の混雑状況

伊勢神宮新元号の御朱印|平成最後と令和元年限定の混雑回避と注意点

靖国神社の御朱印|令和元年限定の待ち時間と混雑回避(画像付)

鶴岡八幡宮の限定御朱印「令和元年」期間と混雑待ち時間(画像付)

寒川神社の限定御朱印「令和元年」期間と混雑待ち時間(画像付)

鹿島神宮の限定御朱印「令和元年」期間と混雑待ち時間(画像付)

東京五社とは|神社巡りのご利益と強力パワースポットの場所を調査








東京大神宮の限定御朱印(令和元年)と期間





東京大神宮はそもそも御朱印の種類は「1種類のみ」の授与となっています。

例えば季節に合わせて印が増えたりカラーが増えたりなど今までなかったようです。

そして今回「平成」から「令和」に代わるこの時代の流れで、改元のお祝いや新天皇御即位記念の限定御朱印など授与していただけるのかどうか調査してみます。

(即位礼正殿の儀の日限定のご朱印について)
即位の礼の特別限定御朱印|皇室ゆかりの神社とお寺巡り|時間や混雑状況

「東京」の令和元年の限定御朱印がいただける神社はこちら
令和元年御朱印で限定のある神社(東京)の待ち時間や混雑回避注意点

「関東」の令和元年の限定御朱印がいただける神社はこちら
令和元年の限定御朱印のある関東のお寺と神社|期間や受付時間



東京の格式高い神社ばかりを巡る「東京五社巡り」もおすすめです
東京五社巡りまとめ|順番コースと御朱印(帳)情報やパワースポットも

東京大神宮の限定御朱印のデザインは?

令和元年5月1日の御朱印を調べたところ、通常の御朱印と同じデザインのようです。

つまり、東京大神宮には限定デザインの御朱印はないため、令和元年限定の記念御朱印や即位記念御朱印など、いわゆる「限定デザイン」の御朱印の頒布はありません。

ということで、平成元年初日の5月1日の日付の御朱印は今までになく特別な限定の御朱印となりました。

10月の即位礼正殿の儀でも多くの方が当日の日付の御朱印を求めてお参りに行かれるのでしょうか。

御朱印の値段は?

初穂料は500円、もしくは「御志で」となっています。

季節限定のシールの頒布期間は?

御朱印をいただくと「参拝記念シール」が一緒にいただけます。



この季節の参拝記念シールが「期間限定」かどうかは不明です。
(わかり次第更新)

平成最後と令和元年5月1日限定御朱印に大行列

元号改正で御朱印がメディアなどで頻繁に取り上げられたことで注目度が上がり、

全国の御朱印がいただける神社ではおそらくどこも予想を超える御朱印の授与が必要になったかと思います。

とりわけ、明治神宮の5月1日の10時間待ち(私は途中で断念)の御朱印が注目されましたが、東京大神宮も同じく大変な行列となっていました。



平成最後の4月30日には平均的に3時間待ちだったようです。

ディズニーランドの待ち時間どころじゃないですね・・・

東京大神宮のお正月の御朱印も人気で並びますが、確か2時間くらいだったような・・・

お正月より並ぶ時間が長かったのは確かです。

そして、翌日の令和元年初日はというと・・・



午後は雨天にもかかわらず大勢の参拝者で溢れていました。

5月1日の御朱印の締め切りは4時半ごろ。

ちなに明治神宮から向かった私はこの時間に合わず雨の中1時間ほど並んで参拝のみして帰りました。

5月2日以降の混雑状況

そして5月2日以降は混雑もピークが過ぎ1時間ほどで御朱印がいただけたとの情報です。

おそらく日がたつにつれて混雑は緩やかになるでしょう。

ですが、もともと混雑が普通の東京大神宮さんですから、大混雑はなくとも御朱印には30分以上は待ち時間を想定しておいた方が良さそうです。

特に週末の混雑は注意しましょう。

混雑についての記事はこちらで詳しく書いています。

東京大神宮お守りの受付時間と種類|おすすめや混雑状況口コミ

東京大神宮の御朱印受付時間と基本情報|正月七夕祭り混雑時は?

少し混雑が治まれば、「東京五社巡り」もできそうですね。

日枝神社の御朱印まとめ|時間や場所と限定の種類も詳しく!混雑も調査

靖国神社の御朱印|令和元年限定の待ち時間と混雑回避(画像付)

東京大神宮の御朱印授与の混雑回避法

元号改正がなくてももともと常に混み合っている東京大神宮ですが、御朱印授与の混雑を回避したいのであれば、以下の事をお試しください。

・午前中の早い時間に参拝に行く
 (受付時間は通常、9:00〜17:00)

・季節ごとにある祭事の日を避ける
 (東京大神宮には人気で混雑する七夕祭りなど大混雑します。)



東京大神宮の御朱印は1種類ですから、祭事限定の授与品(お守りなど)や祈祷が気にならなければ、祭事を避けて参拝に訪れるのも良策です。

また、混雑はお昼前後からピークを迎えます。

できるだけ午前中の早い時間がおすすめですよ。

お参りに行ってクタクタになったらお腹もすきますね。ランチも悩みどころです。
東京大神宮ひとりランチは充実サラダビュッフェとシュークリームで恋愛運アップ!



令和元年の貴重な御朱印が集まったら大切に保管しましょう。

平成と令和と分けられる桐箱を発見しました。(楽天)



まとめ

東京大神宮の平成最後や令和元年の特別限定デザインの御朱印はありません。

それゆえに貴重な日付の付いた御朱印の価値が高まったのでしょうか。

東京大神宮は普段から混雑している神社ですが、改元の際には異常事態が起こりました。

正月や祭事の時よりも長蛇の列となり3時間以上並ぶ人もいらっしゃいました。

4月末、5月1日は3時間以上御朱印の列に並ぶ事態となりましたが、2日以降の混雑は緩やかになっています。

ただし、5月いっぱい、年内は通常よりも参拝者が多いと予想されますので、なるべく早い午前中の到着を目指して混雑を回避しましょう。

御朱印をお願いすると季節の参拝記念シールをいただけます。

(期間限定でいただけるシールなのかは不明です)

シールのデザインが季節により変わる限定ですので、集めるのも楽しいかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。



Sponsored Link