明治神宮と言えば御祭神を「明治天皇・昭憲皇太后」とする天皇家と縁の深い神社です。



2019年の5月より新元号となり、新天皇が誕生します。

明治神宮には明治神宮の御朱印を授与していただく参拝者も多く、休日には長蛇の列に長時間待つ必要があります。

平成最後の御朱印や新元号「令和元年初日」限定ともなると御朱印を求めて遠方からやってくる方も多いのではないでしょうか。

4月27日(土)~5月3日(金・祝) は、春の大祭期間でもあり、明治神宮の新帝のお祝いを併せて多くの奉祝行事が催されます。

ゴールデンウィークの大型連休中でもあり、気になる明治神宮の御朱印授与の混雑状況をまとめてみました。

明治神宮について他にも記事を書いています。

よろしければどうぞ。

令和元年御朱印で限定のある神社(東京)の待ち時間や混雑回避注意点

明治神宮の新天皇即位を祝う特別行事の日程や時間と場所(地図)

明治神宮駐車場(周辺)営業時間と2時間以上の料金|平日と日曜日

明治神宮駐車場(無料)営業時間|平日と日曜日の混雑口コミ

明治神宮の専用駐車場アクセス地図と入り方|台数や時間料金

明治神宮の御朱印は何時まで?限定の種類や待ち時間の注意点

明治神宮パワースポット清正井の場所や注意点|井戸の地図と待ち受け効果

明治神宮外苑イチョウ並木の行き方は?最寄り駅や場所はどこ?








明治神宮の限定の御朱印について







明治神宮の御朱印は、普段は例大祭を含め、他の神社で見られるような特別限定版の御朱印は授与していません。

詳しくはこちら
明治神宮の御朱印は何時まで?限定の種類や待ち時間の注意点

デザインは一切変わらない御朱印を授与していただけます。

常にシンプルなまま、大変美しい御朱印ですね。

しかしながら、今年の例大祭は、新天皇御即位の奉祝行事も重なり特別な年となります。

「特別な御朱印」が授与していただけるのか期待が高まります。

御朱印帳の用意もお忘れなく。



ほかの「令和限定御朱印帳」を探す

春の大祭と新天皇の御即位記念行事の日程など

女騎師



2019年の大型連休のゴールデンウィーク中に、明治神宮では、春の大祭と新天皇即位の奉祝行事が執り行われます。

春の大祭と奉祝行事の日程

浦安の舞



詳しくはこちらをご確認ください。
明治神宮の新天皇即位を祝う特別行事の日程や時間と場所(地図)

新天皇御即位の奉祝行事

詳しくはこちらをご確認ください。
明治神宮の新天皇即位を祝う特別行事の日程や時間と場所(地図)

特別限定の御朱印について

儀式



さて、御朱印好きには大変気になる「限定の御朱印」についてです。

新天皇御即位記念の限定御朱印

明治神宮では、春や秋の例大祭時も限定デザインの御朱印を授与していません。

例えば、「新天皇御即位記念」などと記載や押印された御朱印の授与はない可能性が今のところ高いです。

(更新予定)

令和元年を記念する限定御朱印

令和元年も同じく、限定の起債や押印のある御朱印をいただける可能性は低そうです。(更新予定)

ただし、「平成最後の最終日の御朱印」「令和元年初日の日付」でいただく御朱印は、その日にしかいただけない貴重な限定御朱印となります。

この限定御朱印を求めて参拝に訪れる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

令和元年の限定御朱印のある神社(東京)の待ち時間や混雑回避注意点

明治神宮の限定御朱印の混雑予想

日本行-明治神宮



前に述べた平成最後や令和元年の日付の入った御朱印を巡り、普段から混み合っている御朱印授与所はさらに混雑することが予想されます。

普段の混雑状況

平日はさほどではありませんが、土日祝ともなると午後が行列のピークとなります。

30分以上は待ち時間があると予想しておく方が無難です。

週末だと午後少し過ぎる頃から30人以上は並びます。

予想される混雑

おそらく通常の3倍を見込んでおいた方が良さそうです。

ピーク時には1~2時間の待ち時間があると予想しておきましょう。

混雑を回避する方法と注意点

最も有効なのは、「午前中の早い時間」に参拝に行くことです。

また、御朱印授与所は少々わかりづらい場所にあります。

始めて行く方は、御朱印授与所の場所を確認しておきましょう。

明治神宮の御朱印は何時まで?限定の種類や待ち時間の注意点

参拝の際には、必ず参拝を済ませてから御朱印をいただくことを忘れずに。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ゴールデンウィークの大型連休中に催される春の大祭と新天皇御即位のお祝行事には特別限定デザインの御朱印が授与されるかどうかはまだ不明です。

しかしながら、平成最後や令和元年などの限定の日付の特別な御朱印はいただけますので、御朱印好きの間ではかなりのレアものになること間違いありません。

当日は御朱印をもとめる参拝者で長蛇の列になる可能性が高いですので、くれぐれも受付時間内の早い時間に行くように気を付けましょう。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



Sponsored Link