困難や災いから守ってもらえる災厄除けのご利益の効果がすごいと話題の「サムハラ神社」(大阪市)の指輪型お守り(御神環)

幻の指輪とか奇跡の指輪と呼ばれるほど入手困難なサムハラ神社の指輪は、入荷日は当日になるまでわからず予約も不可となっています。

今回は、大阪のパワースポットとして有名なサムハラ神社の指輪型お守り(御神環)に注目します。

ほかにもサムハラ神社についての記事を書いています。
よろしければどうぞ。








サムハラ神社の指輪お守り「御神環」について







サムハラ神社の指輪の画像です。↑

とても素敵な指輪です。

見た目はシンプルなシルバーの指輪。

このシンプルさが人気の拍車をかけているのかもしれません。

指輪の内側にはサムハラ神社の「サムハラ」という文字と、御祭神が刻印されていています。

SNSでは指輪の評判が口コミで広がり、まだまだサムハラ神社の話題や参拝者の混雑は落ち着きそうにありませんね。

とにかく入手が難しいと噂のサムハラ神社の指輪のお守り「御神環」。

常に在庫はなく、入荷日も入荷当日にならないとわからないと言われています。

サムハラ神社の指輪|入荷日情報と入手方法!並ぶ時間や予約のお取り置き【大阪】

(サムハラ神社の指輪お守りの入手方法や詳しい情報はこちらから。)

また、電話でお問合せしても常に電話中でなかなかつながらないんだとか。

さらに、自分にピッタリ合う指輪のサイズも、当日あるかどうかわからない・・・という幻の指輪。

サムハラ神社の指輪サイズと種類(画像)|号数がない時の注意点【大阪】

本当に「神のみぞ知る」ですね。

希望する指輪を入手できるだけでも相当な強運の持ち主ということになります。

サムハラ神社の指輪お守り「御神環」の値段(初穂料)はいくら?

サムハラ神社 指輪御守18金バージョンGET(^-^)/ #japan #osaka #itachibori #samuharashrine #like4like #l4l #instagood #instadiary #instalike #instagramjapan #wu_japan #instajapan #instafollow #instapic #instaphoto #instacool #seiei #日本 #大阪 #立売堀 #サムハラ神社 #指輪 #誠栄



気になるサイズですが、

1体の初穂料(値段)は、3,000円です。

神社ですから消費税はつきません。

種類はシルバー1種類のみです。

サイズは、1号~30号サイズまでありますが、在庫はなく、入荷日には全サイズが入荷されるわけではありません。

そして、この指輪、すべて手作りなんだそうです。

とてもシンプルな指輪のため、他の指に指輪をしている人にとっては合わせやすいデザインですね。

サムハラ神社の指輪のご利益とは?

気になる、サムハラ神社の指輪型お守り(御神環)のご利益については、

全ての災難から身を守ってくれる

「厄除け」のお守りとなっています。

サムハラ神社の指輪パワーをさらに高めるために

もしあなたが今からサムハラ神社の指輪をいただくご予定であれば、

せっかくですから、指輪をはめる場所の意味を知っておくと、さらにパワーが高まり、お願い事が叶うかもしれません。

サムハラ神社の指輪はどの指につける?はめる場所の効果と意味【大阪】

普段、指輪を買う際には、指輪のデザインは重視しますが、意外と指輪の意味を知らなかったりするものです。

悩みを抱えている方、何かを決断して前に進みたい方、出会いを求めている方・・・などなど、付ける指にはそれぞれ意味があります

この機会にぜひ知っておきましょう。

神様からいただく有難い「お守り」を肌身離さず身につければご利益があるかも、という前向きな気持ちで心が明るく慣れそうですね。

そういった気持ちがよい気を集め、結果、運気を呼び寄せることになるそうです。

サムハラ神社の基本情報

サムハラ神社
〒550-0012
大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−26

大阪市営地下鉄
長堀鶴見緑地線『西大橋駅』から徒歩6分ほど
中央線・千日前線『阿波座駅』から徒歩10分ほど

TEL:
06-6538-2251

参拝料:無料
参拝時間:なし
(社務所は9時~17時)





サムハラ神社の指輪お守り「御神環」の値段についてのまとめ

サムハラ神社の話題のお守り「御神環」の初穂料は、1体、3,000円です。

デザインは1種類で、内側にはありがたい刻印が入っています。

指輪の持つパワーやご利益、手作り、デザイン性からして、決して高くはないお値段ではないでしょうか。

行列に何時間も並んでいただく指輪なだけありますね。

驚くのはこの指輪の効果です。

指輪の効果については次回お届けします。

お楽しみに。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク