世界遺産に登録されている日本が誇る日光東照宮

その神々しい社殿は日本の建築美術の集大成ともいえる歴史的建築物です。

日光東照宮



日光東照宮と言えば世界遺産国宝にも登録された観光名所でもあります。

また、徳川家康をお祀りする最強のパワースポットとしても知名度は高く、多くの観光客が日光を訪れ東照宮を訪れます。

今回は、意外と知らない日光東照宮の基本情報と気になる観光の所要時間などを調査します。

他にパワースポット関連の記事を書いています。
よろしければどうぞ。








日光東照宮は何県のどこ?【場所や地図】

日光東照宮







さて、日光について知識を深めるには基本的なことから知らなければなりませんね。

名称:
日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)

所在地:
〒321-1431  栃木県日光市山内2301

地図:



地図を見るだけでも、東照宮の周りには、輪王寺、二荒山神社などなど・・・

世界遺産、国宝級の歴史的建造物がたくさんあり、観光の見どころがびっしり詰まっています。

わくわくしてきますね。

日光東照宮の拝観時間や拝観料など

日光東照宮の創建年代:
1617年(江戸時代)

営業時間:
4月~10月 8:00~17:00
11月~3月 8:00~16:00

単独拝観券:
大人・高校生 1,300円
小・中学生 450円
表門~陽明門・拝殿・石の間・東回廊(眠り猫)・奥宮・本地堂(鳴龍)などが含まれます。

ほか、宝物館入館券、美術館入館料は別途かかります。

日光東照宮の御朱印

View this post on Instagram

@makotomo666がシェアした投稿



最近は御朱印を集めている方も多いかと思います。

日光東照宮の御朱印はと言うと、かなりたくさんの種類が存在しています。

なんと、限定の御朱印を含めが30種類以上あるのだとか。

スタミナのある方は、計画的に複数の御朱印をいただいても良いかもしれませんね。

日光東照宮の観光時間は何時間必要?

さて、最初の地図を見ただけでは「廻るところがたくさんある」という印象ですが、

気になるのは、その所要時間です。

しかも、日光東照宮は非常に広く、境内には全部で55棟の建物があります。

それぞれ見事な彫刻が施してあったり、美しい装飾物も多くあります。

ぜひ時間をかけてゆっくり見たいところですね。

そしてせっかくですから「奥院」まで行きしましょう。

陽明門は裏側や左右の塀に施された彫刻が見ものですし、本殿は昇殿参拝できます。

拝殿と本殿の間の「石の間」では、座って説明を聞く事もおすすめします。

本地堂(薬師寺)「鳴龍」もぜひ説明の後に案内人が拍子木を打って 竜の鳴き声を聞かせてもらいましょう。

(どちらも内部拝観・説明は少々混み合います。)

帰りはほぼ来た道を帰ることになります。

三猿、眠り猫などなど見どころが多いですが、混雑している場合は、帰り道に寄るなどして、時間を有効に使える工夫が必要です。

また、社殿や門、鳥居まで登る石段の総合計は、なんと270段以上

ヒールのある靴や革靴はなるべく避け、歩きやすい靴で参拝しましょう。

ざっくりですが、日光東照宮、観光コースの所要時間は3時間は考えておいた方が良さそうです。

所要時間約3時間の観光コースは?

階段の数や見どころからするとできるだけゆっくり拝観したい、と考えるものです。

ですが、気分のままに4時間も5時間も時間をかけてしまうと、逆に一部の拝観に時間がかかり過ぎて「見たいものが見れなかった・・・」となりがちです。

事前に名所の知識や日光東照宮の地図を頭に入れておき、どうしても時間をかけて見学したいところなどをチェックしておくとスムーズに日光をぐるりと楽しむことができます。

それでは、おすすめの観光コースの一例をご紹介しましょう。

1.石鳥居・五重塔
 ↓
徒歩5分
 ↓
2.表門
 ↓
徒歩5分
 ↓
3.神厩舎・三猿
 ↓
徒歩5分
 ↓
4.三神庫・想像の象
 ↓
徒歩5分
 ↓
5.御水舎
 ↓
徒歩1分
 ↓
6.経蔵
 ↓
徒歩1分
 ↓
7.鐘楼・鼓楼・回り灯篭
 ↓
徒歩1分
 ↓
8.陽明門
 ↓
徒歩1分
 ↓
9.神興舎
 ↓
徒歩1分
 ↓
10.唐門・透塀
 ↓
徒歩1分
 ↓
11.神楽殿・祈祷殿
 ↓
徒歩1分
 ↓
12.本社・本殿
 ↓
徒歩1分
 ↓
13.眠り猫・坂下門
輪王寺大猷院
 ↓
徒歩1分
 ↓
14.奥社往復
奥社往復
 ↓
徒歩40分
 ↓
15.本地堂(薬師寺)・鳴龍



地図にすると・・・



まとめ

どこも見どころがたくさんあり、ついついゆっくりしたくなります。

順調に進んで見どころを抑えれば、ざっと3時間で廻ることができます。

3時間と言っても長い階段を登ったり下りたりですので、意外と疲れます。

休憩ベンチも2カ所くらいしかありません。

足腰の弱い方はなるべく短い時間で廻れるよう立ち寄り場所を調整したほうがいいかもしれませんね。

なお、今回ご紹介したおすすめルートは、お土産を買う時間などお店に立ち寄る時間は考慮していません。

3時間で廻れたら、あとはゆっくり食事やお茶などほっこり休憩時間も楽しみたいですね。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク