江戸時代は江戸一の大社だった日枝神社のご紹介です。

山王祭は有名で江戸三大祭りのひとつ。

IMG_1935



最近は東京五社巡りや東京十社巡りの参拝者も多くいます。

今回は出世や仕事運、縁結びで知られる日枝神社へ、東京永田町駅からの行き方についてまとめます。

是非ご活用ください。

日枝神社の他、出世、仕事運、縁結びで有名な神社の記事はこちら。
よろしければどうぞ。

日枝神社のアクセスと地図|一番近い最寄り駅は?所要時間や徒歩ルート

日枝神社のアクセス|各最寄駅から男坂(表参道)所要時間や注意点

日枝神社の電車アクセス|赤坂見附駅からの徒歩ルートと所要時間

日枝神社の電車アクセス|溜池山王駅から徒歩ルートや所要時間

日枝神社のアクセス|エスカレーターの場所はどこから?注意点も知っておこう

■出世運や仕事運で有名な東京の神社

東京虎ノ門愛宕神社の御朱印の時間と旅行計画注意点

■縁結びで有名な東京の神社

東京大神宮のアクセス|各最寄り駅から最短ルートと地図まとめ

今戸神社のアクセス方法や地図|浅草駅から徒歩とバスの時間や注意点








日枝神社の電車アクセス|基本情報

山王日枝神社05







名称:
日枝神社(ひえじんじゃ)

所在地:
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-5



電話番号:
03-3502-2205

営業時間:
10~4月 6:00~17:00
1月1日0:00~19:00、
2日~5日6:00~18:00
5~9月 5:00~18:00

定休日:なし

車:
首都高速霞ヶ関インターより5分

駐車場:無料

日枝神社のアクセスについて各最寄駅からの徒歩ルートを独自調査。
エスカレーターや駐車場の場所もご案内します。



日枝神社の電車アクセス|永田町駅からの徒歩ルート

DSC_1075



日枝神社の最寄り駅のひとつ、「永田町駅(ながたちょうえき)」からの徒歩ルートをご紹介します。

永田町駅は東京メトロ(地下鉄)有楽町線、半蔵門線、南北線が乗り入れています。

検索すると日枝神社までは歩いて約12分となっていますが、

900メートルほどですから、他の最寄り駅に乗り換えるよりは歩く方が無難と言えます。

また、あらかじめ、日枝神社を参拝をするためにはまずは、参拝ルートが3つあり、どちらを行くのか決めなければなりません。

ただ、「近いから」「行きやすいから」だけではなく、神社についての知識をちょっと深めるだけでご利益も参拝のルートも違ってきますので、ぜひお役立てください。

ご利益に違いが?本殿まで行く参道が3通りある

最寄り駅の1つである永田町駅からのルートですが、実は、山王男坂と言われる表参道から入るのか、山王女坂と言われる参道から入るのか、裏参道から入るかで本殿まで行くルートが少し変わってきます。

どの参道にするのかにより到着する時間も数分異なってきます。

とはいえ、どこから行くのか作法やルールが特にあるわけではありません。

特徴を簡単に言いますと・・・

■表参道(山王男坂)
正面玄関だが、石段を登るのがハード

■参道(山王女坂)
緩やかな坂道

■裏参道(山王橋・エスカレータ)
階段横にエスカレーターが設置

永田町駅から表参道(山王男坂)ルート

山王日枝神社



日枝神社は出世運や仕事運、縁結びののパワースポットとして知られています。

出世や仕事運をアップさせ、よいご縁を導くと言われています。

そのため、国会議事堂が近くにあることで、国会議員の参拝も多く立ち寄られます。

特に出世や仕事運アップのご利益をいただきたいと思っている方は「表参道」(山王男坂)がおすすめです。

江戸三大祭りのひとつ「山王祭」の際にはお神輿は「山王男坂」から境内に入ります。

表参道を言われる通り、こちらが正門となります。

ただし、「山王男坂」と呼ばれる表参道は、石段が53段もあり、急な階段となっています。

体力に自信がない方は他のルートを選択しましょう。




一段一段の高さが意外とあり、容易に登れません。

足腰に不安がある方は、無理せずに他のルートを選びましょう。

「出世の階段」が有名な東京虎ノ門にある「愛宕神社の階段」よりは緩やかなようです)

出世の階段で有名な愛宕神社の記事はこちら
東京虎ノ門愛宕神社の御朱印の時間と旅行計画注意点

■永田町駅から表参道(山王男坂)の正門鳥居までの行き方

永田町駅から正門鳥居までは徒歩で約7分

正門鳥居から本殿までは表参道(男坂)の階段を登ります。

普通に登れば本殿まで3、4分ほどですが、階段を登るスピードで差が出そうです。



永田町駅から参道(山王女坂)ルート

DSCF03660.jpg



表参道の鳥居に向かって左側に緩やかな山王女坂(さんのうおんなざか)があります。

別の名は御成坂

「左緩かに通ずる石階を女坂と呼ぶは非なり。昔時将軍家御成の節、岐坂を避け此坂のみ御通行遊ばれしより御成坂と申侍るを女坂と聞誤しにあらぬかと」とかかれています。

将軍の参詣の時だけ用いられたので、御成坂と呼ばれていたそうです。

ゆるやかな傾斜の坂のため、長い距離を歩く必要がありますが、緑の多い小道を歩く楽しみもあります。

道は大きく迂回しており、少々歩く時間がかかるでしょう。



緑に囲まれた参道は静かな雰囲気で、なかなかおすすめです。

山王女坂を上がると着いた先は日枝神社の神門(山門)の横となりますので、

手水舎に寄り、正面から参拝しましょう。

■永田町駅から参道(山王女坂)までの行き方

永田町駅から出て表参道方面へ向かい、正門鳥居を通り過ぎたところに女坂があります。

永田町駅から女坂までは徒歩で約8分

永田町駅から本殿まではトータルで10分~12分ほどでしょう。



永田町駅から裏参道(山王橋・エスカレータ)ルート

山王日枝神社



エスカレーターにより、楽に本殿まで上がることができるようになりました。

ただし、エスカレーターは楽ですが、徒歩で行くには遠回りとなります。

■永田町駅から裏参道(山王橋・エスカレータ)への行き方

永田町駅からエスカレーターのある山王鳥居までは徒歩10分ほどです。

永田町駅から本殿までトータル約13分



もしくは、永田町から地下鉄南北線に乗り換えて、溜池山王駅下車し、裏参道に向かうことになります。

どうしてもエスカレーターで!という方や待ち合わせを裏参道でされる方は、少し長めに歩くか、電車を乗り換えましょう。

ちなみにエスカレーターは登りのみです。

帰り道は「山王女坂」がよい?

はっきりとした決まりはないと言いましたが、「行きは男坂」「帰りは女坂」という説が根強くあります。

東京虎ノ門の愛宕神社も同じですね。

東京虎ノ門愛宕神社の御朱印の時間と旅行計画注意点

出世の階段は上ると「出世して上りつめる」と言われ、帰りに下ると「出世できなくなる」という説です。

気になさる方は、そのようにされても良いかもしれませんね。

ちなみに裏参道のエスカレーターは下りはありませんのでご注意を。



まとめ

いかがでしたか?

あなたの必要な情報はお届けできたでしょうか。

永田町は多くの路線が乗り入れている為、日枝神社に行くのに利用する参拝者も多くいます。

永田町駅からの徒歩ルートは、表参道と言われる急な階段の山王男坂を上るか、ゆるやかな小道を歩く女坂かとなります。

どちらも1キロも歩くことはありませんので、程よく東京の街中を楽しみながら行くことができます。

最近話題となっているエスカレーターのある裏参道へは、永田町からは遠回りになりますが、歩けない距離ではありません。

永田町から南北線で「溜池山王駅」まで行くことも可能です。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク