京都を代表する神社の1つである八坂神社の東側には、知る人ぞ知る「美容の神様」がいらっしゃいます。

美御前社(うつくしごぜんしゃ)」といい、京都最強の美のパワースポットとなっています。

美御前社



その理由は、「美御前社の湧き水を肌につけると美しくなる」という「美容水」と呼ばれる神水。

また、美を司る女神が三人もお祀りされてることも京都で最強の美容神社と言われる理由です。

さて、今回はこちらの御朱印にも注目しましょう。

美人祈願・美徳祈願でお水をお肌につけて、美しい女神のご利益をいただきたいものですね。

ほかにも美御前社の記事を書いています。
よろしければどうぞ。





美御前社(八坂神社)の基本情報

八坂神社、美御前社



まずは、美御前社について基本的なことを知りましょう。

美御前社の所在地:
〒605-0073
京都府京都市東山区祇園町北側625

電話番号:
075-561-6155

御祭神:
多岐理毘売命(たぎりびめのみこと)
多岐津比売命(たぎつひめのみこと)
市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

こちらの3女神について詳しくはこちらをどうぞ。
八坂神社の美容の神様!美御前社の美肌水の効果と持ち帰り注意点

パワースポット:
社の手前にある湧き水(神水)が「美容水」と呼ばれ「つけると美しくなる」「美しい心を手に入れる」と言われています。

ご利益:
肌の健康、心身の清浄、美徳成就、開運

参拝時間:
境内24時間参拝可能

参拝料:
境内無料

交通アクセス:
(1)京阪祇園四条駅から徒歩約5分
(2)阪急河原町駅から徒歩約8分
(3)JR京都駅から車で約15分
(4)市バス「祇園」バス停から徒歩すぐ



美御前社の御朱印について

美御前社の注目度に比例して「御朱印」にも人気が集まっています。

「御朱印」を持っていると「きれいになれるかも」という期待もありそうです。

御朱印はそもそも「神様の分身をいただく」のと同じです。

御朱印とは何か|ご利益や効果は?貰い方や値段も徹底解説!

美容にご利益のある神様の分身をいただけると思うと、ぜひありがたくいただきたいと思いますね。

他にもたくさんある御朱印についてはこちらでまとめています。




八坂神社をお参りして京都五社巡りもいかがですか?

美御前社の御朱印の受付場所

八坂神社の授与所となります。

「えべっさん」の蛭子社の横にある社務所玄関左側です。



美御前社の御朱印の受付時間と値段

御朱印の受付時間:
9:00〜16:00

美御前社の御朱印の値段(初穂料):
300円

美御前社の御朱印の形式

墨書で書かれた書き置き(紙)タイプです。

あらかじめ台紙に押印・墨書されていますので、お持ちの御朱印帳に貼ってください。

美御前社の御朱印の画像



右が八坂神社の御朱印(墨書手書き500円、台紙300円)、左が美御前社の御朱印(台紙300円)です。

美御前社の限定の御朱印はある?

実は、現在ある御朱印自体が2015年までは「お正月限定」の御朱印でした。

元旦~1/5までの期間限定でいただけたのだとか。

2016年以降は通常いただける御朱印になってからは、現在の御朱印以外特に限定の御朱印はないようです。
(2019年1月現在)

美御前社を含む八坂神社の御朱印の種類について

八坂神社の御朱印の種類は大変多く、

本社「祇園社」の御朱印をはじめ、境内摂社の9種類、
街中の八坂神社の外にある境外摂社に2種類、
限定版の御朱印が4種類、
御神縁の御朱印が1種類、
京都五社めぐりの御朱印が1種類

合計17種類となります。

美御前社オリジナルの御朱印帳について

美御前社のオリジナルの御朱印帳は今のところありません。

オリジナルの御朱印帳袋もありません。

ただし、八坂神社オリジナルの御朱印帳があり、社務所(授与所)でいただけます。


初穂料:1000円~

サイズ:
小判サイズ(普通サイズ)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

八坂神社の本殿の東奥側にある「美御前社」は美容の神様が祀られており、多くの「美をいただきたい」と願う参拝者から崇拝されています。

この人気と同時に御朱印人気も高まり、2015年まではお正月の期間限定でしかいただけなかった美御前社の御朱印が2016年から通年いただけるようになりました。

御朱印をいただける場所は、八坂神社の社務所横の授与所になります。

残念ながらその場で手書きでいただくのではなく、予め台紙に押印、墨書をしている「書き置きタイプ」となります。

初穂料は相場で300円

ぜひ八坂神社へお参りの際は美御前社にお参りに行かれては?

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク