受験シーズンになると、合格祈願で有名な東京の湯島天神(湯島天満宮)へ参拝に行かれる方が大変多いこの時期、

「湯島天神で合格祈願の祈祷をしたい」と考えている受験生がいるご家庭も多いでしょう。



その場合、頭に浮かぶのは「いつ行けばいいの?」、「祈祷の料金(初穂料)はいくら?」、「混雑が心配」などなど気になることがいくつか出てきますね。

今回は、全国的にも合格祈願で知名度の高い「湯島天神」へ合格祈願の御祈祷を予定している方への情報をまとめます。

ぜひお役立てください。

他にも湯島天神の合格祈願について記事を書いていますので、
よろしければどうぞ。








湯島天神の合格祈願で祈祷によい時期は?

20140316_都内他







この御祈祷によい時期はいつか、気になりますね。



「できるだけご利益の効果のある時期に祈祷をしたい」
という願いは誰しもありますね。

湯島天神に「合格祈願によい時期」は特に決まっていない

ですが、合格祈願の祈祷について、「この時期でなくてはならない」といった神社のルールはありません

一年中受け付けています。

もちろん、個人的な考え方によっても、御祈祷によいと思う時期は違うかもしれません。

よく、「大安の日がよい」と耳にしますが本当でしょうか。

縁起が良い日を選ぼうと、特に年配の人の意見で湯島天神の合格祈願を大安の日に希望する人が多くいます。

大変な混雑となりますが、実は「神社の祈祷する日と大安や仏滅は関係ない」との事です。

神社にとっては、大安や仏滅でもご利益に変わりはないそうですよ。

「合格祈願は大安がいいの?」について詳しくはこちらの記事に書いています。

湯島天神の合格祈願はいつ行く?混雑状況やおすすめ時期と時間

■埼玉県で学業成就で有名な神社「秩父神社」
埼玉秩父神社のご利益で願いが叶う?縁結びや開運効果の口コミ調査

混雑のひどい時期や寒さが厳しい季節は受験生の健康が心配



例えば、中学、高校、大学と受験シーズンがあるものについては、1月中旬から3月に合格祈願で参拝する方が多くいます。

受験シーズンで混み合う時期に受験生本人を寒い外で過ごさせて良いものかと心配になるかもしれません。

この時期は毎年インフルエンザが流行し受験生のみならず受験生を抱える家族も神経をとがらせている時期です。

人ごみの中に長時間いることはかなりのリスクが伴います。

そのため、受験生本人が直接神社へ行くことはせず、親や身内が代理で合格祈願に行く人も多くいます。

湯島天神の合格祈願|本人以外(不在)代理の参拝方法と注意点

合格祈願は第一志望の学校がきまってからがおすすめ

御祈祷するからには、神様に本人の希望をしっかりと意思表示することも重要です。

なぜなら、合格祈願の祝詞の中で神様に学校名や学部や試験の内容をご報告するからです。

そのため事前に受付で申込書に具体的な情報を書き込む必要があります。

また、この記入した情報は御祈祷の際に読まれます

「名前」「住所」「志望校」「祈願内容」が読み上げられます。

祈願内容とは、「○○大学合格」などです。

つまり、神様にお伝えする情報がはっきり決まっている時期が望ましいというわけですね。

大学受験なら、推薦や一般入試で受ける大学が決まってからや、センター試験が終わり、第一希望の大学が決まってからの方がいいということです。

「志望校が決まっていないとダメ」ということではありません。

こだわるのであれば、「志望校が決まってから」の時期を狙うのもひとつです。

ただし、そういう時期は混雑するのが当たり前の時期となります。

体調とよく相談して、本人が行くのか、代理で両親や身内が行くのかよく検討しましょう。

湯島天神の混雑についてはこちらの記事をどうぞ。

湯島天神の合格祈願はいつ行く?混雑状況やおすすめ時期と時間

湯島天神への行き方(アクセス)について各路線や最寄り駅からの徒歩ルートなどはこちら。
湯島天神の合格祈願のJRや地下鉄アクセス方法や徒歩ルート

その他、詳しい情報をこちらにまとめています。

湯島天神の合格祈願の予約方法は?

湯島天神 (15)



多くの神社では、合格祈願などの御祈祷の受付を予約制としています。

時間も決まっており、週末や大安の日などは予約が取りにくいこともあります。

さて、湯島天神の合格祈願の予約ですが、「予約不要」となっています。

受付時間内であれば、随時受付可能ということです。

決められた祈祷の時間もないそうですよ。

ただし、東京では人気ナンバーワンの湯島天神ですから、なるべく混雑を回避するためにも早い時間に到着し受付を済ますようにしましょう。

湯島天神の合格祈願で初穂料はいくら?

湯島神社の合格祈願の祈祷の料金(初穂料)については以下の通り。

祈祷料:
5千円・1万円・2万円

お納めする金額によって授与物(御神札・御守・撤饌・絵馬など)に違いがあります。

湯島天神の合格祈願の混雑状況や待ち時間は?

湯島天神



お正月の初詣時期が過ぎた1月下旬~3月中旬まで合格祈願の参拝者が多くなるピークとなります。

最も多くなる時期は2時間待ちもあるのだとか。

湯島天神は御祈祷受付が予約制でないため、かなりの待ち時間は覚悟しておいた方がよさそうです。



口コミからすると、朝早く行けば混雑はないようですね。

混雑回避する方法についてはこちらの記事をどうぞ。

湯島天神の合格祈願はいつ行く?混雑状況やおすすめ時期と時間



まとめ

いかがでしたでしょうか。

合格祈願と言うと、拝殿で合格祈願をする場合と、社務所で祈祷の申し込みをして本殿で合格祈願をする場合とあります。

受験シーズンになると、合格祈願の祈祷をする受験生が増え、大変な混雑が予想されます。

湯島天神の合格祈願の祈祷をする時期は一体いつがベストなのかは、「志望校が決定してから」がおすすめです。

多くの受験生が志望校を決定する時期は、合格祈願の希望者が最も多くなる時期です。

あらかじめ混雑予想し、混雑を避けるためになるべく早く到着することを心がけましょう。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。




スポンサーリンク