鹿島神宮と言えば、東国三社参りも話題となり関東最強パワースポットとしても何かと注目されています。

なんと鹿島神宮は、伊勢神宮よりも600年以上も歴史が古いのだとか。

DSC_9019



格式も高く、建造物や御神木など境内の雰囲気も素晴らしく、一度行けば「もう一度また来たい」と思わせる素敵な場所です。

さて、こちらの鹿島神宮には東京駅や東京方面からの参拝者も多くいます。

今回は高速バスを利用して東京から鹿島神宮へ行くアクセスをまとめていきましょう。

他にも鹿島神宮のアクセスについて記事を書いています。
よろしければどうぞ。

鹿島神宮アクセス(車)東京から行く場合の所要時間とルート料金

鹿島神宮アクセス(電車)東京駅からの所要時間と料金

鹿島神宮アクセス(水戸から)車と電車とバス|料金や時刻表

鹿島神宮アクセス(大洗から)電車や車で行く場合の料金や所要時間

鹿島神宮から息栖神社のアクセス方法や所要時間は?駐車場やタクシー料金も【東国三社参り】

鹿島神宮へ行こう!車アクセスや穴場の無料駐車場は?所要時間やランチも【東国三社参り】

鹿島神宮パワースポットまとめ|関東最強の理由やご利益は?

東国三社参りの順番は?鹿島神宮、息栖神社、香取神宮のご利益やお守りも~関東最強パワースポット福めぐり

鹿島神宮御朱印の場所と受付時間|正月限定の種類や混雑口コミ






鹿島神宮アクセス(東京駅から高速バス)方法



鹿島神宮へ行くルートで便利なのは「鹿島セントラルホテル・鹿島神宮駅」行きの高速バスの利用です。

【運行会社】 関東鉄道・京成バス・JRバス関東

片道2時間以内で鹿島神宮へ到着することができますよ。

鹿島神宮行きの高速バスの乗り場の場所は?

東京八重洲 高速バス乗り場
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9



鹿島神宮行きの高速バスの時刻表と所要時間は?

時刻表は共同運行会社がそれぞれ公開していますが、一番見やすいサイトをご紹介します。

鹿島神宮行きの高速バスの時刻表はこちら
東京駅~鹿島神宮駅方面行 高速バスの時刻表

所要時間:120分

鹿島神宮行きの高速バスの運賃や支払い方法は?

現金で運賃を支払う方は、バスに乗る前にチケット売り場(乗り場近く)で切符を買う必要があります。

チケット売り場の場所:


ICカードで支払う方は、バスの中でICカードの利用が可能です。

高速バスの運賃:
1,830円(小児920)

ほかにも鹿島神宮のアクセス方法について記事を書いています。

出発地点からの料金や所要時間もまとめていますので、お出かけ前の準備にお役立てください。

鹿島神宮アクセスバスを降りてからの徒歩ルート

徒歩10分ほどで鹿島神宮へ到着します。

鹿島神宮までの徒歩ルートは坂道が多く、夏の暑い日などは、少々スタミナがかかる道となります。

足腰の弱い方は、鹿島神宮駅からタクシーで向うこともできます。



鹿島神宮アクセス東国三社参りする場合のルート

鹿島神宮をお参りする方の中には、東国三社参りをしている方も多くいらっしゃいます。

東国三社参りをすると伊勢神宮へ伊勢参りへするのと同じご利益をいただけると言われています。

また、三社で御朱印巡りを楽しまれたり、三社守を集めている方もいたりと、見どころや楽しみ方もいろいろあり、東国三社参りもおすすめです。

鹿島神宮御朱印の場所と受付時間|正月限定の種類や混雑口コミ

東国三社お守り売り切れ入荷時期と予約|本体シール値段と口コミを調査

鹿島神宮をお参りした後、東国三社参りをする順番もなかなか迷うところですね。

こちらをご参考にどうぞ。

東国三社参りの順番は?鹿島神宮、息栖神社、香取神宮のご利益やお守りも~関東最強パワースポット福めぐり

鹿島神宮から息栖神社へ行くアクセス

息栖神社



タクシーや車で行く方法などをご紹介しています。

バスも利用可能ですが、乗り場への移動や時間の調整を考えると動きにくく、タクシーや車を使う方が多いようです。

鹿島神宮から息栖神社のアクセス方法や所要時間は?駐車場やタクシー料金も【東国三社参り】

思い切ってレンタカーを利用して自由に動ける旅もいいかもしれませんね。

レンタカー検索がこちらでできます。



鹿島神宮から香取神宮へ行くアクセス

香取神宮



香取神宮へ向かう場合もバスはありません。

タクシー(23分ほど)を利用するか、鹿島神宮駅から香取駅下車、徒歩20分か、

佐原駅下車からタクシーになります。

詳しくはこちらをどうぞ。

香取神宮のアクセス(車)と駐車場|無料や混雑時の穴場の地図


まとめ

あなたのお役に立てる情報がお届けできたでしょうか。

鹿島神宮へ東京駅から交通機関を利用していく場合は、高速バスを利用するのが大変便利です。

運行会社が3社共同でバスを運行しており、本数も多く便利です。

片道2時間かかりますが、午前中に到着することも可能な距離です。

ただし、渋滞に巻き込まれることもあるため、時間には余裕をもって計画することが大切かもしれません。

東国三社参りをしたいと思っている方は、現地で動きやすいように事前の計画が大変重要です。

バスに乗って動くのか、タクシーを利用するのか、レンタカーを利用するのか・・・など、1日で3社を巡るには時間との戦いとなります。

しっかり準備を整えてお出かけしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク