安芸の宮島世界遺産で有名な美しい厳島神社へ行きたいと考えている方も多いと思います。

海に悠々と建つ朱色の大鳥居をはじめ、寝殿造りの社殿が潮が満ちてくるとなんとも幻想的な姿に生まれ変わります。

どの季節に訪れても美しい姿を見せてくれる厳島神社へ本当におすすめですよ。

Low Light, High Tides



さて、広島県にある厳島神社ですが、実は広島駅からまたさらに西寄りの位置にあり、大阪から近そうに見えて意外と遠いのが宮島です。

新幹線や電車を利用しても日帰りでは少々無理な距離ですよね。

ならばいっそのことマイペースにで宮島まで立ち寄りながら旅をしようかと思う方もいらっしゃるのでは?

そんなあなたのために大阪から車で宮島・厳島神社へ向かう方のために指摘ルートを調査。

所要時間交通費を計算してみましょう。

他にも厳島神社のアクセスに関連する記事を書いています。
よろしければどうぞ。








厳島神社のアクセス、新幹線を使うなら?

Shinkansen NOZOMI






ルートは以下の通り。

新幹線+電車+フェリーを利用して宮島・厳島神社まで行きます。



新大阪
 ↓
新幹線
1 時間30分(5 駅)
 ↓
広島
 ↓
山陽本線各停大野浦行
28 分(9 駅)
 ↓
宮島口駅
 ↓
徒歩
約 3 分
 ↓
宮島口桟橋
 ↓
フェリー
 ↓ 
10 分 (途中停車駅なし)
 ↓
宮島桟橋
 ↓
徒歩
約 16 分
 ↓
安藝國一之宮 嚴島神社 到着

新大阪から宮島口まで約1時間15分、
交通費は、大人片道10,350円〜10,560円くらいです。

宮島口からフェリーで10分、片道料金180円となります。

まとめますと・・・

時間:
新大阪から宮島厳島神社まで

約2時間50分
 
交通費:
大人片道10,530円〜10,740円くらい



厳島神社のアクセス、大阪から車なら?

20120126_Kure-Fukuyama_7556



当日の渋滞情報にもよりますが、平日の午前中に出発した場合は、以下のルートが、最も早く着きます。

大阪から車のルートは?



中国池田
 ↓
(中国自動車道)
 ↓
神戸JCT

(山陽道)
 ↓
(広島岩国道路)
廿日市ICで下りる
 ↓
(国道2号線)約5キロ
 ↓
宮島口到着
 ↓
車を駐車場に預ける※
 ↓
徒歩
約 3 分
 ↓
宮島口桟橋
 ↓
フェリー
10 分 (途中停車駅なし)
 ↓
宮島桟橋
 ↓
徒歩
約 16 分
 ↓
安藝國一之宮 嚴島神社 到着



大阪から車の所要時間と料金

大阪を出発して宮島口まで353㎞、約4時間、高速料金は7470円です。

(ETC利用なら割引がありますので、これより安くなります)

まとめますと・・・

時間:
新大阪から宮島厳島神社まで

約4時間~5時間
 
交通費:
片道8,650円くらい

※駐車場代1000円/日を含む



フェリー乗り場の駐車場の注意点

宮島口駐車場置き場があり、多くの人が宮島口周辺に車を置いてフェリーに乗船します。

ただし、フェリーに乗る前に、車を置いて乗車する場合は、渋滞や車の駐車場について

ある程度知っておいた方が良さそうです。

宮島口からフェリー乗る際に利用する周辺の駐車場の注意点はこちらを参考にしてください。



フェリーに乗る際の注意点

宮島口から宮島へは、フェリーを利用して海を渡らなければなりません。

フェリーについては少々注意点がありますので乗船前に要チェックです。

●宮島口から宮島へ渡るフェリーについて



まとめ

いかがでしたでしょうか。

大阪から最短距離を使えば、新幹線利用よりも約2000円ほど車の方が安くなります。

所要時間は車は新幹線利用よりも約1時間多くかかります。

さらに、お友達と乗合で行く場合は一人当たりの交通費はもっと下がりますね。

ただし、渋滞などで所要時間が読めないところが車の難点。

しかも、宮島口に着いてから、もし駐車場探しに手間取ったとしたら時間のロスが大きくなります。

渋滞回避の方法を事前にしっかりとシュミレーションしておくことが、宮島・厳島神社に早く着く秘訣です。

渋滞中や待ち時間が長い時に意外と役立つのがコンパクトなDVDプレーヤーです。

旅先で子供連れの方に人気です。



実は高速バスと言う手もあります。

大阪から広島までは今のところ3社のバスが運行。

大阪駅から広島駅か広島バスセンターまで所要時間約5時間ぐらい、夜行便では、約7時間ほどかかります。

さらに宮島口を経由してプラス時間以上とすると、6時間以上も車中となります。

バスの運賃はだいたい3000円~6000円台くらいですが、日によって料金がバラバラな上に、広島駅周辺では渋滞の可能性も高いです。

時間を気にする方は厳しいかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link