世界遺産として知名度の高い厳島

そして、厳島神社の海の上に建つ平安時代の寝殿造りの美しい姿は世界中の多くの人を魅了しています。

そんな観光客でにぎわう厳島神社へ行くためには海を渡らなければいけません。

大鳥居俯瞰 (平松茶屋より)



そのため連日宮島・厳島神社に行くためのフェリー乗り場のある宮島口には常に多くの人がにぎわっています。

そして、フェリー乗り場周辺には駐車場が多くあり、フェリー利用者が戻るまで車を預かってくれます。

ただ、心配なのは、紅葉や初詣シーズンをはじめ、混雑時に宮島口で駐車場に置けるかどうか・・・心配ですよね。

今回はそんなお悩みを解決するために駐車場の場所桟橋までの時間料金が安い穴場の駐車場をご案内します。

他にも厳島神社の記事を書いています。
よろしければどうぞ。











厳島神社行きフェリー乗り場に車は置いておく?

宮島島内へ行くには宮島口からフェリーに乗って渡る必要があります。

フェリーに車を乗せて渡ることも可能ですが、宮島に渡っても都合よく駐車場が見つからず困る人も多いのだとか。

宮島に車と一緒に渡った方の口コミでは「混雑」「駐車するところがない」などという声がよく聞かれます。





宮島での観光名所はほとんどが歩いて移動可能との事で、特に車がなくても困ることはないようですよ。

また、宮島内にはコインパーキングもないそうですよ。

混雑するシーズンにお出かけの方は、迷わず宮島口周辺に車を停めて渡ったほうが、賢そうです。

周辺に宿泊している方は、ホテルや旅館で尋ねてみてください。

厳島神社行きフェリー乗り場の駐車場について

さて、宮島口で車を置いてフェリーに乗ろうと思ったものの、どこの駐車場に置くのか迷ってしまいます。

また、混雑シーズンでどこも満車な場合は駐車場探し無駄な時間を使ってしまいます。

また、駐車料金が高い場合は、のんびり宮島や厳島観光を楽しめません。

というわけで、駐車料金を安く抑えられ、混雑を回避できる駐車場を調査したいと思います。

まずは宮島口のフェリー乗り場の駐車場についての疑問から。

駐車場の数はどのくらいある?

ざっと数えたところ、30カ所ほどあり、総台数約2000台は置けるようです。

しかしながら、ハイシーズンにはこれだけある駐車場も満車で希望の場所に置けない状態となってしまいます。

相場の駐車料金は?

平日であれば、桟橋からの距離や時間によって1日500円800円20分100円など料金に差がありますが、

土日など休日には、場所に関係なく、1日1000円というところが多いようです。

つまり、土日や休日にお出かけになる方は、どこにおいても1000円はかかると覚えておきましょう。

厳島神社行きフェリーの駐車場の混雑状況

宮島口から海側にあるフェリー桟橋周辺の駐車場はフェリー乗り場まで徒歩5分圏内で大変便利です。

しかしながら、やはり混雑しやすいエリアでもあります。

連休やGWなど混雑シーズンの週末は朝早い時間にはすでに満車になることがあるんだとか。



厳島神社行きフェリーの初詣の駐車場の混雑状況

さて、厳島神社と言えば初詣シーズンもかなりの混雑が予想できます。

実際、宮島口の駐車場はどんな状況なのか口コミを調べると・・・





予想通りの混み具合が想像できますね。

宮島口の混雑元旦から3日までがピークです。

初詣で宮島・厳島神社へお参りに行こうとお考えの方は、混雑の回避法を事前に考えておきましょう。

厳島神社行きフェリーの駐車場の混雑回避法

混雑を避けたい方向けに、口コミも含めてどうやって混雑を回避するのかを調査しました。

国道2号線の混雑状況で回避を判断

情報によると、宮島口に着くまでの国道2号線が渋滞している場合は、フェリー桟橋エリアはほぼ満車の状態なんだそうです。

国道2号線が混雑の場合は、迷わず、他のエリアを探すのが混雑回避法です。

公共交通機関を利用する

GWやハイシーズンになると広島市のSNSなどで「なるべく公共交通機関を利用してください」と呼び掛けています。

ハンパない渋滞に巻き込まれないように車を使わず公共交通機関を使うようにするのも混雑回避となりますね。

パーク&ライドで宮島へ

パーク&ライドとは、自動車利用者が都心部等の交通混雑地区へ行く場合に、混雑地区の手前で鉄道やバスに乗り換えることをいいます。

なるほど・・・渋滞対策になりますね。

宮島へ渡るための混雑回避法として、パーク&ライドの利用方法が広島県のサイトに詳しく掲載されています。

ご参考にしてください。

混雑状況をリアルタイムでチェック

フェリー乗り場へ到着するまでに、混雑状況が把握できれば混雑も回避できそうです。

宮島口の駐車場情報のサイトで、リアルタイム駐車場の空き状況がわかります。

宮島口の駐車場情報

これはかなり便利そうです。

安い穴場の駐車場の場所と料金



こちらの口コミにもありますが、宮島駅裏側(線路渡った山手)穴場エリアのようです。

JR宮島口駅裏側地域の駐車場の場所



地図を参考に見ていきましょう。

フェリー乗り場まで徒歩約10分ほどの山手にあります。

フェリー桟橋周辺地域が満車の場合でも、この辺りは空いていることがあるそうです。

国道2号線が渋滞している場合は、このJR宮島口駅裏側の山手エリアに向かうのが良策でしょう。

300台程度は駐車可能のようです。

また、JR宮島口裏からの地下歩道が利用できます。

フェリー乗り場までまっすぐ行くことができるので、歩くこともそんなに苦ではなさそうですよ。

JR宮島口駅裏側地域の駐車場の相場の駐車料金

料金の相場は、平日500円〜800円/1日ほど

休日は、1日料金や時間料金の駐車場などいろいろありますが、結局、1日最大料金1000円くらいが相場のようです。

厳島神社行きフェリー乗り場の駐車場のまとめ

いかがでしたでしょうか。

宮島・厳島神社へ観光やお参りに車で来る多くの方が、宮島口車を置いてフェリーに乗ります。

桟橋に近いエリアは観光シーズンになると常に混んでいる状況です。

国道2号線が混んでいる状況であれば、桟橋近くのエリアの駐車場に置くことは諦めて山手側の穴場の駐車場を狙うことが良策です。

料金は、桟橋側のエリアも山手側のエリアも平日であれば1日500円~800円が相場です。

また休日の駐車場の料金の相場は1000円くらいです。

山手側の駐車場から桟橋までの徒歩の時間は約10分

ちょうど桟橋側のエリアの2倍歩くことになります。

ほぼまっすぐ歩くだけですので、大きなストレスなく歩くことができそうですのでご安心を。

それでは、スムーズに駐車場が見つかりますように・・・

最後までお読みいただきありがとうございました。



Sponsored Link