鹿島神宮(かしまじんぐう)、息栖神社(いきすじんじゃ)、香取神宮(かとりじんぐう)を巡る東国三社参りをしている方は、少なからずも、お参りのルートやアクセス方法に頭を悩ませたことがあるでしょう。

正直、三社は近い場所にあるとはいえ、バスツアーでもない限り、都合よく一日でパパッとお参りできるほど交通機関が整っていません。

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三社の中で特に交通機関やアクセスで最も悩むのは「息栖神社」では?

息栖神社



行きにくい場所ですが、何度でも行きたいと思う本当ににおすすめの神社ですからぜひ訪れていただきたい・・・

そういう想いを込めて、今回は息栖神社のアクセスについてまとめていきます。

今回は東国三社参りやパワースポット巡り、もしくは御朱印巡りをしていらっしゃる方のために、息栖神社から香取神宮への行き方をご紹介します。

ぜひお役立てください。

他にも息栖神社に関係する記事を書いています。







息栖神社について

Shrine and Cat #3







息栖神社は三社の中では敷地の広さも小さいため「地味だ」などと言われています。

息栖神社へ行けばわかりますが、全然「地味ではない」です。

見どころがいっぱいの穴場のおすすめの神社ですよ。

息栖神社は東国三社参りの1社

他の2社に比べて人が少なく静かにお参りできる厳かな雰囲気は、「神社のこういう所が好き」と思わせてくれる場所でもありとてもおすすめです。

境内にはかわいい子猫が散歩していたり、お稲荷さんのキツネが赤い手ぬぐいをかぶっているのを見てほっこりしたり・・・

参拝者は常に4、5人はいますが、境内はとても静かで自然の中に身を置いている空間はとても居心地の良い時間を過ごせます。

また、「忍潮井(おしおい」という井戸は縁結びや開運の伝説やご利益もあったりと、ワクワク感をそそるパワースポットですし、



境内にある御神木「夫婦杉」は樹齢1000年といわれ、夫婦円満と安産の御利益があったりなど、見どころも満載です。

●パワースポットについての記事もどうぞ。



息栖神社への行き方(アクセス)

こんな風に見どころ満載でとてもおすすめなのですが・・・

困ったことに、交通の便があまりよくありません

息栖神社は住宅街にあり、神社の周りにはお店もあまりないんです。

さらに、平日だと社務所が閉まっている場合もあるという噂ですので、御朱印をお求めの方は行く前に確認しておいた方が無難です。

息栖神社 社務所 0299-92-230

息栖神社への車、バス、電車利用のアクセス方法の記事はこちら。
(駐車場情報もあります)



息栖神社から香取神宮への行き方(アクセス)

さて、息栖神社のお参りの後に、香取神宮へ移動する方も多いでしょう。

息栖神社から香取神宮へ車やタクシー20分~25分ほどです。



道は何通りかあります。

県道50号線 と 東関東自動車道(湾岸市川~潮来) 経由

県道44号線 と 県道55号線 経由

県道101号線 経由 ほか

車利用が多い

旅行のブログなどを見たり口コミを見ていると、車やタクシーで移動している人が多いですね。

御朱印巡りなどの神社巡りをされている方はもちろんですが、バスの時間次第では予定が大幅に狂う場合もあります。

また、バス乗り場の確認などの手間を考えると車かレンタカー、タクシーの利用が多くなるという訳です。



●香取神社へのアクセス方法や駐車場の情報などはこちら



息栖神社から香取神宮までのタクシー会社と料金

タクシー料金:
約4,920円

所要時間:
約26分

※ナビタイム調べ

息栖神社周辺のタクシーを呼ぶ/配車・送迎:

・今津タクシー
0299923144

まとめ

いかがでしたでしょうか。

息栖神社周辺は交通機関が便利ではありません

ですが、香取神宮へはタクシーや車、レンタカーを使えば、20〜25分ほどで到着できる距離にあります。

途中に道の駅もあったりしますので、車利用であれば旅の休憩におすすめですよ。

三社巡りのコツは、どう回るか、どういう順番で回るかを最初に決めてしまうことです。



そこから車がいいのか電車とタクシーがいいのかで旅のスケジュールが変わります。

JR東京駅八重洲南口より高速バス「高速バスかしま号(鹿島神宮駅行き)」で→「鹿島セントラルホテル」まで行き、そこから三社をタクシーで巡る人もいます。

また、可能であれば宿泊してゆっくり参拝されることをおすすめします。

各社に半日くらいかけて回るのが理想ですね。



それではよい神社巡りをお楽しみください。



Sponsored Link